地下迷宮BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 手塚ファン大会 etc.

<<   作成日時 : 2006/12/19 01:33   >>

トラックバック 5 / コメント 6

画像アトムと握手できちゃった♪♪♪
先日の日曜日、お友達にお誘い頂いたおかげで
ファン大会なるものに参加する事が叶いました。
とってもとっても有り難いことです…!! (-人-)


公式サイトのチェックを怠り、NHKで放送された「ラストメッセージ」さえうっかり見逃すようなユル〜い自分などが参加して許されるんだろうか…;と最初はちょっぴり気後れしないでもなかったのですが(=∀=;)
おかげさまで、素晴らしく貴重で密度の濃ゆい(笑)1日を過ごさせて頂きました。
カルトQコーナーでは「ドラマに松谷社長がチョイ役で出演」にひっかかって撃沈、プレゼントの抽選に至ってはかすりもしませんでしたがorz 得るもの大きい贅沢な体験でしたよ。
著名なゲストの方々から生で聞けたお話はどれも貴重で面白く、
手塚先生の人柄や作品のエネルギーがリアルに伝わってくるようでした。
手塚プロの社員の皆さんのお仕事紹介も興味深かったです。(サファイアのおしゃれ絵柄グッズ欲しい…そして、ちらっと見えたテヅカモデルノ版どろろ&百鬼丸グッズはいつ店頭にお目見えするですかー!?)

rikans的に特筆すべき収穫は、何と言っても
2008年公開予定の劇場アニメ「リボンの騎士」の
パイロットフィルムが観れたコト!(#⌒▼⌒#)b
もしこのファン大会に参加出来ていなかったら、他サイトさんでのレポを読んだ時に「ナニナニ!?新作リボンてナニ!?!?うぉ──めっさ見たい───!!」と、気になって気になって(×100)しょうがなく、精神衛生上よろしくなかったろうと思われます(笑)
監督は杉井ギサブロー氏で、上映後にご本人のトークがありました。
パイロットフィルムは躍動感溢れていて、めいっぱい力を注いでくれてる意気込みが伝わりました。設定のアレンジも面白そうだし、絵柄も華やかで悪くなかったです。(京都手塚ワールド上映版ほど、絵柄にクセの強さはない感じ…かな?)
大いに期待が膨らみますー♪♪
何より、手塚治虫生誕80周年記念作品に「リボンの騎士」を選んでもらえた事が嬉しいですよ…!!再来年までは何があってもしねない(笑)

運営スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。m(_ _)m
次の機会に恵まれたら、またぜひ参加させて頂きたいです。


劇場版「どろろ」の公開も、間近に迫ってます(前売り券買わなきゃ!あと小説も〜)
先日WOWOWで放送された特番見ました♪
感想を一言で言い表すと「直球で作ってるなあー…!!」
映像をちょこっと見る限り、柴咲コウは柴咲コウにしか見えない…印象がしたのですが!?(^^;)本編を観るまではわかりませんね。こちらも楽しみです!
宝塚記念館のどろろ企画展も、正月帰省中に何とか時間を作って行かねば。


ps. か〜〜なりアニヲタな呟き。
開演前や休憩時間中に、舞台上の大型スクリーンに歴代手塚アニメ作品のオープニングなどが上映され、懐かしさと新鮮さを堪能しました。
その中のひとつ、80年代アトムの一場面に登場した、頭に中性子爆弾を埋め込まれた可哀想な女の子ロボットのデザインが、昔見た何かのアニメのキャラに似てるように思えて…一生懸命思い出してみたのですけど。
髪型といい表情といい雰囲気といい、アトムから数年ほど後発の「超時空世紀オーガス」というロボアニメに出てくる、モームという女の子ロボットにそっくりだと思ったのは私だけ??(どれだけの人がわかってくれるんだろこの話…;) そういえばオーガスのキャラデザインをした美樹本晴彦氏は、学生時代に80年代アトムの作画のアルバイトをしていた(?)という話を昔何かで読んだのを思い出し「その影響かな…」なんてふと思いました(アニヲタくさあ〜… -∀-;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2008年公開予定の…
この前の日曜日、手塚ファン大会で見た「リボンの騎士」新作劇場アニメ・のパイロット版の話をちゃんとどっかに書いとけ、と内なる声が囁くので(笑)UPしておきます。 ...続きを見る
アレグロ・ヴィヴァーチェな日々
2006/12/22 23:34
手塚治虫ファン大会【その1】
12月17日、東京・赤坂の草月ホールでおこなわれた手塚治虫ファン大会に行ってきました!私たち夫婦は12時すぎにファンクラブ会員の如月堂さん、星子英雄さんと待ち合わせ。私はアトムバッグ、夫はアトムネクタイ、如月 ...続きを見る
のりみ通信
2006/12/23 02:01
手塚治虫ファン大会2007
昨年に続き、今年もご縁あって参加出来ました。 12/8(土)13:00〜18:00、場所は科学技術館。 隣は武道館なんですね。初めて見ました。近所には、かの靖国神社も。 (巨大な垣根の外側から、巨大な鳥居のてっぺんが見えただけですけど) ...続きを見る
地下迷宮BLOG
2008/11/30 14:43
手塚治虫ファン大会2008in早稲田
11/22(土)、3連休1日目は幸いにも快晴。 高田馬場駅でSさんと待ち合わせ、近くの店でランチしてから 会場である大隈講堂へと向かう。 高田馬場は上京前の部屋探しで1度来たきりで、その時に、 撤去される前の旧・手塚壁画を幸運にも拝むことが出来、 そしてこの日また、リニューアルされた手塚壁画を拝めた事に 感動した。(爽やかに流れてくるアトムの発着メロディーがまた テンション上げてくれますね。いいなー高田馬場駅…) ...続きを見る
地下迷宮BLOG
2008/11/30 14:44
手塚治虫ファン大会2009in渋谷
11月7日(土)、渋谷シダックスホールで開催された 手塚治虫ファン大会に参加してきました。 ...続きを見る
地下迷宮BLOG
2009/11/13 14:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
rikansさん、日曜日はお疲れ様でした!
新作リボンのパイロット版、非常に気になってるのは…
いませんでしたよね‘ブラッド’
昔のTVアニメのパイロット版でもフランツはイメージイラストのみでしたから、
同様、本編にはブラッドの出番あるかもしれませんね。
ヘケートやヘル夫人を見た限り、ベースは『なかよし版』のようですし、
ぜひ出演して頂きたいものです。
さらに贅沢を言わせて頂ければ(笑)あのスターシステム設定(はパイロット版だけでなく劇場版でも踏襲されるのかな〜?愉しいけど、時間的に収まるかしら?!)でも、
フランツとのライバル関係とか見せて欲しかった…のは私だけですか(^^)

2008年の公開まで首をながーくして待つしかないですね。
(というわけで、私も全然期待してないわけじゃないんですよぉ♪
  あ、内容的に問題あれば−ネタバレとか?−遠慮なく削除してくださいませ)

shanz
2006/12/19 12:54
shanzさん、先日は本当にありがとうございました!
大ウケされたという浦沢先生発言、私は元ネタ知ってて良かった〜と思いました(笑)

パイロットフィルムの段階ならネタバレの範囲にならないよね?と思います。ファン大会に参加出来なくて情報を求めているファンの方も多いかと思うので…(多分)
そういえばブラッドいませんでしたね?(指摘されて初めて気付いた私!そんなにブラッドへの関心薄いヤツだったっけ!?;) 原作からよほど大きく離れない限り、本編には確実に登場するだろうと勝手に思い込んでますが(^^;)
それと、鈍くてすみません…;
この部分

>あのスターシステム設定(はパイロット版だけでなく劇場版でも踏襲されるのかな〜?愉しいけど、時間的に収まるかしら?!)でも〜

どれのことを言われているのか、いまいち理解出来てない私です(><)ごめんなさいごめんなさい;
rikans
2006/12/20 13:22
(続きです)
ヘケートが登場した時、周囲から「かわいいー!」と声が上がったのが印象的でした。ちょっとボンテージ女王様なヘル夫人には度肝抜かれました(笑)

リボンファンにとって、大きな楽しみが出来たのは嬉しいです♪♪納得度が高くて、世代問わず誰もが楽しめる映画の完成を期待したいですね!
rikans
2006/12/20 13:26
rikansさん、こんばんはー!
書き方悪かった様ですみません、補足です。

>>あのスターシステム設定
は、ですね。
パイロット版ではハリウッドのような撮影所で「映画 リボンの騎士」を撮影中!という描き方をしていたじゃないですか〜。
あれをさしたつもりでした(><)
本編はまさかそのままじゃないよなーと思ったのですが。
撮影現場モノとリボンの本編の同時進行(例えば「雨に唄えば」みたいなイメージだったら可能かなぁ?)は時間的に足りない…ですよね。
そーでもないでしょうか???
shanz
2006/12/20 23:46
shanzさん、こんにちは☆
わざわざ親切に補足頂いてすみません;めちゃくちゃ基本的な事でしたね!(“スターシステム”の部分を、勝手に難しく考えすぎてたようです…どんな思考回路してんねん私/汗)
私もその辺りの構成がどうなるのか気になっています。現場撮影モノと劇中劇が同時進行してゆくのか、それとも現場撮影設定は前フリ(+後ジメ?…蒲田行進曲ぽい-∀-;) だけで、劇中劇が本筋に移行してゆくのか?
私の勝手な予想ですが、パイロットフィルム通り、スターシステムの真髄を活かした設定は本編でも踏襲した上で(面白そうで、個人的に捨てがたいため/笑)、後者の構成で作られるのかなあ?と考えています。同時進行だと、リボン本筋に集中しきれなくて気が散りそうだし?仰る通り、時間的にキツそうですから…。
しかし出来上がってみたら、そんなのは気にならないほど面白く仕上がっているかもしれず、本編が観られるまでは何もわかりませんね(当然の事ながら)。
rikans
2006/12/21 12:06
すみません、続きです(コメントの500字制限がウザイ/苦笑)
フランツ・サファイア・ブラッドの三角関係も、盛り込まれていたら嬉しいかなあ、という感じです。(しつこく言っても仕方ないけど、60年代のTVアニメリボンにこそ、その要素を入れてほしかった〜…)

公開前にあれこれ勝手に予想してみるのも、それが見事に裏切られる(かもしれない)のも楽しいですね(^^)
rikans
2006/12/21 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
手塚ファン大会 etc. 地下迷宮BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる