プラド美術館展 他

ティツィアーノ画
21日晩、西から東に戻って来ました。
rikans「ただいま」
カズ山「おかえり」
r 「昨日、プラド美術館に行ってきたよ」
カ「えっ、あんなとこ1日で行けんの?」
r 「行けるよ。だって天王寺やし」
カ「天王寺にプラド美術館はない!!」
*********************************
そんなわけで、いつもの日常が戻って来ました。
(「プラド美術館展」鑑賞については後述。)


去年のお盆は身内の事情で帰省しなかったため、今回の帰省は2年ぶりに味わう大阪の夏。
関西在住時代から思ってましたけど・・・
夏の大阪は絶対、熱帯雨林気候化している!と言わせてもらいますわ。たまに“夕立”と呼ばれるスコールも降るしな。爆
東京の場合、晴れた日の日中は暑くても、日が落ちるとわりと涼しくなるでしょ?
大阪の場合、日が落ちてからも、何となくまとわりつくように暑いんですよ。日没時刻も東京より微妙に遅い感覚。
まあ私は、39度ぐらいの暑さでも「寒いよりマシ」と言い聞かせて夏を楽しめるような人間だから良いんですが、外を長時間歩く時は熱中症予防に一応、ペット飲料携帯&マメに水分補給してました。
(思えば一昨年の夏は、大阪以上に灼熱と言われる京都市内を2日間に渡って歩き倒したんよね…「新選組!」にめちゃくちゃハマり、無性に関連史跡巡りがしたくなって。オタクパワー侮りがたし)

*********************************

大学時代の友人のルージュラさん宅へ遊びにお邪魔して、久々にいっぱいお喋り出来て、素敵なお土産をたくさん貰った上に、美味しい手料理までごちそうになったり♪
今年のお正月に会う約束をしていたにも関わらず、お互い風邪をこじらせて会えなかった高校時代の友人と、ミナミでジンギスカンを食べたり♪
少しの時間だけながら、関西にいた頃に所属していたタレントセンターの友人に久々に会えたり♪
4歳になった甥っ子に体当たりされたり(爆)
等々、楽しいことも色々あったお盆休みでした。
一緒にお芝居を頑張ってきた仲間達が出演している夏まつり公演も観に行き、もし関西を離れていなければ、自分もこの舞台に立ててたのかな…などとチョピーリ感傷的になったりも?
あとは、親元滞在中に済ませておかねばならない力仕事 (大学時代に描いた巨大な日本画作品群の処分) なんぞしてました。

*********************************

帰省中も、世間では色んなニュースがあったなあ・・・
終戦記念日の朝、小泉首相の靖国参拝中継を見ていて、神社が開門するや否や場所もわきまえずどっと突入するマスゴミ連中のモラルの低さに、朝っぱらから不愉快になりました。
お前ら“静かに”せえ!!!!
(「東京裁判」自体、全く公正さを欠いたデタラメ裁判だったわけでしょ。戦争責任を特定の個人に押し付けるための。そんなので決めた罪名で、後々までやいやい騒がれてもなあ・・・闇雲に賛成・反対を叫んだり他国の顔色を伺ったりする前に、もっと歴史を遡って勉強した方がいんじゃないの?)

*********************************

毎週日曜は、お仕事休みの親戚のおばちゃんが祖母の病院見舞いを交替してくれるので、東京へ戻る前日に、母と「プラド美術館展」を観に行きました。(母のお友達から、招待券を2枚頂きました)

プラド美術館展
ティツィアーノからゴヤまで、プラド美術館屈指の81点の名画が一堂に並んだ美術展。
大阪市立美術館にて、2006年10/15(日)まで。

ルーベンスの作品が何点か展示されており、もしかしたらネロ(←フランダースの)が最期に見た絵がナマで見れるかも?と、画家の名前を聞くなり母娘ともども直球ともいえる期待を抱きましたが (オタク親子か) それらしき展示はなく…そういえばアレはプラドの所蔵じゃなくて、今もアントワープの教会に飾ってあるんだっけ?(無知ですんません)
各展示室に監視員が目を光らせていて、帰省初日に訪れたみんぱく (国立民族学博物館) の「誰でも好きに観てってや~」と言わんばかりのオープン空間 (監視員がいない上、殆どの展示物に柵無し) とは対極の厳重さでした。まあ、よそ様から国宝級の絵画をお借りしてるんだから当然か。
2,300円のごつい図録を買わなかった代わりに、絵はがきを数枚買いました。
以下、その中より抜粋。


ムリーリョ画
「エル・エスコリアルの無原罪のお宿り」(ムリーリョ画)
聖母マリアが描かれた作品群の中でも、
もっとも可愛く萌え顔(?)に描かれていたマリアさま。


ムリーリョ画
「貝殻の子供たち」(ムリーリョ画)
ほのぼのと優しい風合いの絵画。
上のマリアさまといい、この人の絵には親しみが持てますね。


メレンデス画
「ボデゴン:風景の中の西瓜と林檎」(メレンデス画)
売り場に『残暑お見舞いハガキにどうぞ!』と、店員さんの手書きPOPが添えられていて笑ろたです。皮の表面に黒スジの入ってないスイカ、珍しいね。


ミナミが随分様変わりしたのに対し、何年かぶりに訪れた天王寺界隈はぱっと見、全然印象変わってませんでした。遠くに通天閣が見えていたのも懐かしい・・・気候さえ良ければ、その辺りまで散策してたかもしれないです。(灼熱日に母連れで、とてもその余力はナシ・爆)

この記事へのコメント

なほぴょん
2006年08月30日 22:43
りかりん!お疲れサマーセール!(寒)

大阪の夏は・・・多分ワタシが行ったら
確実に食い倒れで行き倒れだべ(泣)。
小学校の修学旅行で真夏の京都へ行ったけど
夏だけは勘弁してもらいたいっす(大泣)!
暑いのは、全てにおいてやる気も気力も
奪われる上、虫蒸しパラダイスだし・・・。

・・・でも、この絵葉書みたいな
スイカは大好きだぁー(*´¬`人)♪

旧友に会えたり美術館で美しいものを見て
ホッと出来たり、そー言う骨休めも大切なので
りかりんがお元気そうで良かったデス☆

大阪に比べれば鼻毛のような暑さの
関東地方でも、残暑はまだまだ続くので
お互い健康美人でいましょうNe♪(笑)
rikans
2006年09月01日 17:15
お疲れサマー・・・
食い倒れで行き倒れ!!

猛暑に押されつつもダジャレ2連発、
絶好調じゃないですか なほぴょんっ
そして「鼻毛のような暑さ」に爆笑。
(うら若き乙女が「鼻毛」だなんて…!)

スイカの絵はがきは、まるで砂浜で叩き割られたかのやうなダイナミックな切り口に惹かれて買いました(笑)
そういえば長年、海水浴してないなあ。

(雨降りのせいかもしれないけど)9月になった途端、一気に涼しくなったね!
半袖1枚で外を歩いてたら、涼しいを通り越して肌寒かったです(^^;)なんなんだこの極端さは…;
季節の変わり目に注意して、いつまでも健康美人(美人?)でいたいものです本当に。
なほぴょんもお体大切にしてね。
コメントくれてありがとう♪♪♪

この記事へのトラックバック