初めての乳腺外科受診

診療予約を取る際、思わぬ壁にぶち当たりましたが
どうにか診てもらう事が出来ました。"A-∀-;)ヤレヤレ


訪れる人も少ない当ブログで唯一、異様なほどのヒット数を記録している検索キーワードが(大変意外ながら)「乳腺のう胞症」という言葉。
健診結果についてちょこっと触れた今年5月頃の記事に、アクセスが集中してるみたいです。・・・大した内容のないオタクサイトで(汗)申し訳ないキモチです。
この症状に不安を感じている人が、それだけ多いということなのでしょうか。自分も診断書で初めて「乳腺のう胞症」という聞き慣れない病名を知った時、ぎょっとして調べまくったほどですから。(乳腺嚢胞は30~50歳くらいの成人女性にはよくある良性の症状で、嚢胞が大きくなりすぎたり癌が隠れてたりしない限りは、特に治療の必要はない…らしいです)
以下、続報のようなものを書きます。

今年の4月中頃に、超音波による乳房診を含む健康診断を受けました。翌月に届いた診断書には「僅かに所見 (乳腺のう胞症の疑い) は見られたが、異常なし」という結果で、“経過観察が必要”とさえも書かれていません。戸惑いはしたものの、自覚症状も特になかったため、あまり気にしない事にしました。
それからほどなくして、左胸上あたりに鈍痛発生。(左ほどではないけど、たまに右胸にも微痛が。) ズキズキ・刺すような…といったはっきりした痛みではなく、肉が腫れてるような?微妙~~な痛み。見た目には何も変化がなく、しこりらしき触感もなく、日常生活に別段支障はないので暫く様子を見ることに。
痛みは断続的に、無条件に発生。治まっている間は1~2ヶ月ぐらい何ともないことも。
しかし、忘れた頃に再び鈍痛発生。…やはり乳腺嚢胞とやらのせい?
痛み自体は大したことなくても、あまりに長引くのでさすがに気になり始め、予めネットで調べておいた近場の乳腺科に予約を入れることにしました。

が、電話してみたらば予想外の困難にぶち当たることに…。いざって時に連絡出来る医療機関さえチェックしとけば安心♪などと油断してたら甘かった!
「うちでは専門外」「2ヶ月先まで予約が一杯」ほか、診療曜日&時間中に電話したにも関わらず何故か『診療時間外です』メッセージが流れて電話が繋がらない…等々の理由でことごとく断られ、そのたびに別の医院を探し直しては電話、を繰り返すハメになったのでした。病院じゃなくてクリニックなのに“よそからの紹介がなければ後回し”みたいなニュアンスの事を言われ、救急である事を伝えると「別の医院で早めに診てもらった方がいいです」と断られた事も。(当然の対応だろうけど、じゃあ別の医院を紹介してくれよ…;) どこも大抵、ホームページには「安心して気軽に連絡下さい」みたいな如何にも優しい宣伝文句が書かれてるのに、実際は結構冷たいのだなー(--;)
不思議なもので、簡単には診てもらえない事がわかると俄に焦りが出始め、痛み度合いや頻度が増してきたような気がするのでした(苦笑)
これは地域にもよるのかな?
乳腺科って…需要に対して少なくないですか?
ただでさえ少ない乳腺科に、患者が殺到してるのでは??
乳癌患者は年々増えてるというし、その疑いを抱えて不安を感じている人も大勢いるはずなのに、そのわりには安心出来る体制が整ってない…ような…
私が調べ足りないor運が悪かっただけなのかなー。まさか診療予約取る段階で手こずるとは思わなかったです。
(最近ニュースで「乳腺科」「乳腺外科」という科名は、他の科と違って外看板に掲げちゃいけない法律があることを初めて知りました。道理で、余計に見つけにくかったはずだわ。もしネットで探す手段がなければどうなってたことやら…近場に相談出来る友達もいない土地だけに;
乳腺科以外は自由に看板出せる、というのもおかしな話。人の生命や健康に関わる業種なのだし、どの科も看板を出す時は申請して、専門の資格がある事を証明出来てから認可するようにした方がいいのでは…という気がするんですけど、どうなんでしょう)

それでも先日ようやく1軒、アポが取れました(営業マンかい)
痛みが発生してから約半年、ためらいもヘッタクレもありません。
そこは乳腺科の先生が数人ほどいる、まるで病院のように大きくて立派な婦人科クリニックでした。自分が診療を受けたのは乳腺科担当の女医さん。
問診の後でエコー(超音波診断) を撮りました。
先生に説明してもらいながらモニターを見てみると、左側に5センチぐらいの嚢胞&右側にもちっちゃい嚢胞がいくつか…。痛みの原因はやはりコイツだったのか?4月の健診の時より成長してそう(汗)
先生からは「良性みたいだし、心配はないと思います。現段階では治療のしようがないので様子を見ましょう。また1ヶ月後に来て下さい」と言われ、とりあえず一安心出来ました。
でも嚢胞の小さい右側はともかく、左側のは注射針で水を抜いたりしなくていいのかな?大きくなっても、自然に消えて無くなるもんなの…?今度来る時までに治ってなかったら聞いてみよう。
その後で採血、最後にマンモグラフィ検診を受けて帰りました。
このマンモグラフィなるもの。小さな異常も逃さずキャッチするために欠かせないと言われる検査でありながら、ネットでも友人達からも、激痛地獄体験談しか聞いたことがありません( ▽|||) 自分もついにその洗礼を受ける時が来たかー…よせてもあげても谷間の出来ない貧乳だから(哀) 肉クッションが少なくて余計に痛そう;などと怯えながら順番待ちしているうちに、ついに自分の番。
いざ受けてみると。乳房を最大限まで挟まれた時に、痛いことは痛かったのですが、イテテ…と少し声が出て顔をしかめる程度。それだけであっさり済んだのでした。「痛さのあまり涙が出る」「悲鳴が出る」「気を失いそうになる」等々恐ろしい噂ばかり聞いていただけにちょっと拍子抜けしたけど、良かった~(^◇^;) ちなみに私は人より痛覚が鈍い、或いは痛みへの耐性が強いというわけではありません。
もしかすると、検査技師さんにもよるのかな?自分の場合、優しくて感じの良い女性の技師さんで、手早く済ませてもらえました。またマンモを受ける機会があれば、この技師さんにやってもらいたいなあ。

結果が聞けるのは来年だし、良性だと言われ続けていたデキモノが悪性だった…なんて怖いケースも聞くから (滝汗) 痛みや嚢胞そのものが消えない限り完全には安心しきれないけど、一度でも診てもらえて、だいぶ気は楽になりましたよ。

****************************************************

まあ、なんだかんだジタバタ騒いでも…、身内の体を心配するのに比べたら、
自分の体の心配してる方が全然気楽です~(´∀`)
私がいなくなっても、本気で困る人や悲しむ人は少ないだろうからさ
(悲しくなるから言うな自分/泣) とはいえ、体は親から貰ったものであり、
生まれてから死ぬまでの間、天から借りて“使わせてもらっている”かけがえのないもの。
貰ったものやお借りしてるものを、大切に使うのは基本ですよね。
粗末にしちゃいけません。

そこでついでに、ちょいと毒吐かせてもらいますわ(爆)
風邪でゲホゲホ咳き込みながら、どんなに忠告&苦情を受けようと
タバコすぱすぱ吸いまくって「辛い…;」を連発している●●さんのような人。
悪いけど、アホとしか思えません。そらさぞかし辛いでしょうて。
自分で自分の寿命を縮めるのは勝手やけど、
煙やウィルスを周囲にまで巻き散らさんといて下さいよー!

この記事へのコメント

うみのまもる
2006年12月17日 04:18
rikansさん
プチ音信不通で申し訳ありませんでした~。

私も「乳腺のう胞症」を何年か前に治療しました。
注射で体液を抜いても、袋が出来ちゃっているので、2日もすると元通りに体液が溜まってしまうんですよ~。
それで…かなりの荒療治ですが、先生が外側から「えいっ」と袋を潰して…(ぎゃ~)
胸に青あざが出来るような謎な治療だと思いましたが…再発していないので良しとしよう。
私の場合、のう胞は大きいのが一つだけでしたので治療も長引きませんでした。

それにしても、マンモグラフィのせいで、私の乳の皮膚には肉われが~(泣)
もう2度とやりたくないです。
エコーだけで済まないものなのでしょうか…。
あうあう。
でも身内や友人が何人か乳癌にかかっているので、このくらいですんだのは運か良いのかな。

それにしても、いろいろお疲れ様でした~。
お母様とカズ山様も大事なくて良かったですねv
rikans
2006年12月18日 15:31
うみのまもるさん、
コメントをありがとうございます!!
お友達から頂ける優しい言葉に救われっぱなしです…
お陰様でどうにか一段落致しました☆

まもるさんも嚢胞を治療されたのですね。
大事に至らず完治されて何よりでした(^^)
私の友人にも乳癌にかかった人がいますが、癌は手術で取れても、その後の再発予防治療が長丁場の闘いなんだな…と痛感してます;

>「えいっ」と袋を潰し~
・・・・!( Д|||) ガクブル;
手術の手間と費用が省けて効率的なのかもしれませんが!?私にはそれをされる勇気など絶対出ません~…しかも、マンモで肉われすることがあるんですか!?
自分の場合、検査が済んだ後で「あの程度の(私が味わった程度の)痛さなら、造影精度を上げるためにもーちょい我慢して挟める限界まで挑戦出来たかなー」などと猛者なコトを考えましたが、…ほどほどが一番でせうか(途端にチキン/苦笑) しかし自分の体を守るために、少々の痛い事は我慢すべきなのでしょうね;
ラクちんなエコーだけで済むにこしたコトないんですけども…(^^;)
Yuri
2010年12月11日 02:07
私も自分でしこりを発見し、エコーで多数嚢胞を認められ、ネットをいろいろ検索していてこのブログを拝見させていただきました。調べていると嚢胞自体は良性だそうですが、まれに癌が隠れていたり、嚢胞が癌化することもあると書かれており、これは良性ではなく、単にまだ癌が活動してないだけなのでは?と思うようになりました。良性だから1年後の検診でいいと言われましたが、誤診もあるようですし、今28歳ですのでもし癌の見落としならこのまま進行も早いのかなと、ネガにばっか考え、最近何をするにも上の空で生きている心地がしません。もともと明るい性格だったのですが、最近は鬱気味です。もちろんお医者様を信じるしかないのですが、毎日どう生きていいか分かりません。もしよろしければ、その後の様子を教えていただけませんでしょうか?その後4年たちますが、嚢胞は増えてますか?また毎年の検診はエコーとマンモですか??本当に勝手を言って申し訳ないのですが、ぜひその後の様子を教えていただきたいと思います。お願いします!!!
rikans
2010年12月11日 14:49
Yuri様、初めまして。
コメントをありがとうございました。
そして、祖母のことを書いたログにもあたたかなコメントを下さり、ありがとうございました。
まず、差し迫っていると思われるこちらのコメントからお返事させて頂きますね。不安でたまらない気持ち、お察し致します。

私の受診履歴と経過は以下の通りです。

2006年12月 エコー・マンモ
 (嚢胞発見→治療の必要なしと診断)
 (2007年と2008年は受診せず)
2009年 8月 触診・マンモ (異常なし)
2010年11月 触診・マンモ (異常なし)

最初に嚢胞が発見されてから2年も放置していたのですが(良性と診断されて安心したのと、私のズボラな性格ゆえです。汗)昨年と今年、住んでいる市から乳がん検診案内が届いたので受診しました。結果はいずれも異常なし。嚢胞は消滅したと思われます。しこりもなく、鈍痛もありません。現在ピンピンしています。

私は専門家ではありませんので無責任なことは言えませんが、30歳以下の若い方の乳がん罹患率は低く(最近は増えてきたとも聞きますが)、嚢胞に癌が隠れていたり癌化したりする可能性も、ごくまれな事と聞いています。
不安なお気持ちはわかりますが、それでストレスを溜めてしまうのは、却ってお体に良くないと思います。
どうしても心配でしたら、もう一度お医者様に相談されてみるか、別のお医者様に相談されてみて、可能であればマンモ検診を受けられてみてはいかがでしょうか…?若い方でも、希望すれば受けられるかと思います。
それで安心の結果が得られれば、心にも体にも何よりのことです。
私のケースが参考になるかどうかはわかりませんが、
Yuriさんが1日も早く不安から解放され、明るい生活を取り戻されることを、心からお祈りしています。
rikans
2010年12月11日 16:59
ちなみに、参考までに。
私は出産経験なしで、世間では
アラフォーと呼ばれている…
乳がん罹患率高いとされてる年齢です。
ズボラせずに毎年受診せねば、
と思っています(^^;
Yuri
2010年12月12日 03:21
お返事ありがとうございました。私と症状が似ていただけに嚢胞がなくなったことを伺ってずいぶん気持ちがラクになりました。私は心配性なので、良性と言われても疑ってしまい、ネットの多くの情報で乳腺症があるならもう乳がんは合併するにきまってる、もう自分は乳がんになる一歩手前なんだと本当に落ち込んでしまいました。お医者様を信じるしかないのですが、万が一…と悪い方にばかり考えてしましました。私も鈍い痛みがあります。1年後の検診でいいと言われましたが、様子を見てまた行ってみようと思います。でもおっしゃる通り、この不安な毎日、ストレスがよけい私を病気にしている気がするので、考えないようにします。もし本当に1年後乳がんが見つかったとしたら、この1年泣いて暮らした日をきっと後悔しますよね。。。
友達に話しても「えー大丈夫?心配だよ。でもきっと大丈夫だよ」って言われることが分かっているだけに誰にも言えず、だからrikansさんから直接お話聞けて本当に本当に救われました。それに、この記事にアクセスがヒットしているなら、私と同じ悩みを抱えている多くの方がこのやりとりを見て安心するのではないでしょうか。どんな励ましの言葉よりも、実体験が一番の支えになります。
お忙しいところお返事くださって本当にありがとうございました。
rikans
2010年12月13日 18:46
私もお医者にかかるまでは不安な日々を過ごしましたし、この記事へのアクセスの多さから、同じ悩みを抱えている方々が大勢いらっしゃるであろうことを実感しています。
私の実体験が、ほんの少しでもお役に立てたのでしたら本望です。

今後万が一、乳がんにかかる事があったとしても、絶望されることはないと思います。克服されている方々もたくさんおられますし、私の友人にも一人います。また、乳がんではありませんが、5年前に別のガンにかかった身内も一人生還していて、現在ケロッとしてます(笑)
ガンなんかやっつけてやる!!ぐらいの強気で臨みたいものですね(^^)
Yuri
2010年12月14日 01:32
お返事ありがとうございます。ほんとですね。ガンなんかに私の人生つぶされたらこまりますもん、やっつけないとですね。年に1回の検診でいいって言って、次の検診でガンが見つかったらもうあと1年の命なんだってきめつけて今後の1年の予定をたてられず、あまりの私の落ち込みようにずっと励ましてくれていた近い友人も少しあきれてしまいました。先日お酒を飲みにいったときもつい、控えめに、コーヒーショップに行ってもミルクはだめだから、紅茶しかだめかな…。こんなんでは自分も楽しめないばかりか、まわりにも嫌な思いをさせますよね。ほんと自己チューですね、私。良性がガン化することを考えていたらきりがないし、それって明日地震がくるかもしれないって毎日おびえてるようなものですもんね。
本当にありがとうございます。頑張って前向きにいこうと思います。
rikans
2010年12月14日 14:01
自分の悩みで一杯一杯になると、周りが見えなくなる…誰しもそうなっちゃいますし、私もその一人。事あるごとに、後悔と反省を繰り返しています(苦笑)
でもお互い負けずに、前向きにいきたいですね。
色々お話して下さり、ありがとうございました。
もし今後また落ち込むような事があって、私でお役に立てそうな事があれば気軽にお話にいらして下さいね(自分も大した人間ではなく、お話を聞くぐらいのことしか出来ませんが…;)
Yuri
2010年12月15日 00:11
はいまたぜひお願いします。本当にありがとうございます。
先週は嚢胞で悩んでましたが、今週は別の問題が発生。自分のことばかり考えてはいられない状況になってきました(><)みんな内容は様々ですがいろいろ抱えてますね…。人生ってほんと大変です。。。だから楽しいのかもしれませんけどね。
お互いすてきな人生を送りましょう!!
いろいろ貴重なアドバイスや励ましをいただき本当にありがとうございました!!!

この記事へのトラックバック