かっこわるすぎる…orz

2006年の私は呪われているのか?ノロウィルスか?いやそれは関係ない。
少し前のログで「自分の体は自分で守ろう」的なことを書いたばっかりなのに。
昨夜の仕事帰り道中、駅の地下道の何でもない上り階段にて何故か足を踏み外し、右膝小僧をしこたま打った。痛いやら恥ずかしいやらで、その場にうずくまったまま数秒ほどフリーズ… (笑ってください)

寄り道する気力も一気に失せ、右足を引きずりながら帰路についたのだけど (通勤ラッシュの電車で、どこにも掴まれないまま30分ほど踏ん張っているのが試練だった。) 足よりも、踏み外したとき咄嗟に地面に付いた右手首をひねったらしい方が、深刻ぽいことに気付いた。玄関のドアノブを右手でひねった瞬間、肘の裏(谷折り関節部分)から手首にかけて、電流のような激痛が走ったため。
転んだ瞬間に地面に付いた時の手って、思ってる以上に無理な力がかかってるもんなんだなー…とゆうか己の運動神経の無さが原因ですか(汗)
右手首と右膝にサロン●スを貼り、なるべく安静に。これ以上、通う病院が増えるのは避けたい。(現在、歯科と乳腺外来の2軒) 乳ん中に勝手に出来てた水袋は仕方ないとして、自分から災難のタネを作ってどーすんねん。
一夜明けてみると、右腕&右膝以外にも、左腕やら左尻やら左足裏やら、打ってないはずの部位まであちこち微妙に痛むことに気付いた。タイムラグ筋肉痛だ…情けなー(TT) 右膝は青痣が出来てるものの、昨日よりは痛みがマシになってるみたいだけど、右手が使いづらくてちょっと不便。(でも何とか、タイピングは両手で出来るようになりました)
数年ほど前に、マンションの階段から落ちて顔面打つ大怪我して以来 (首まわりのムチウチも含めて全治1年。言い訳させて頂くと、当時両手が大荷物でふさがっていて受け身が取れなかったのです)、階段では絶対に転ぶまい!と誓ったハズなのに…アホかわたしは。
というわけで、今日は体のあちこちにサ●ンパスを貼り、湿布の香り漂わせての出勤です。
気が緩んでたんですかのう…これが今年最後の災難であってくれー。

この記事へのコメント

2006年12月21日 22:31
rikansさん…
その後、「ケガ」の具合はいかがでしょうか?
オレも、高校時代…
バレーボールの「ブロック」の練習中に着地に失敗して右足首を捻挫した経験がありますので、rikansさんの辛さはよくわかります。
もし、「痛み」がヒドくなるようでしたら、すぐにでも病院へ行って下さいね…。

1日もはやく快復されることをお祈り致します。
rikans
2006年12月22日 01:42
きーこさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます!
毎度ながら(汗)大騒ぎしてすみません~;;スポーツ中などの弾みがついてる時のケガに比べたら全然大したことはありませんので、どうかご心配なく!普通に道を歩いてて足踏み外しただけにしてはダメージが大きかったため、ちょっとうろたえてしまったのでした(過去に味わった惨劇をトラウマのごとく思い出したせいもあり/苦笑)。運動不足になってるんでしょうねー…情けない(><)
いつまでも治らないようであれば近所の外科に行ってみるつもりでしたが、1日経ってだいぶ痛みも引き、徐々に右手を動かせるようになってきたので問題ナシです(^^;) お騒がせしました!! (ほんとにどこまでもかっこわるい奴だわ・汗)

この記事へのトラックバック