シンデレラと金太郎

長年愛用のウォーキングシューズを履き潰したので、仕事帰りに新しい靴を買いに行った。
1年を通してどんな服装にも合わせやすいウォーキングシューズは、日常だけでなく旅行にも重宝する。街歩きが好きな自分には欠かせない。

ウォーキング…といえば、おばちゃんのハイキング靴を連想する人もいるかもしれないが、この頃では結構かわいいウォーキングシューズも見かける。
ちょうど立ち寄った店で気に入ったデザインの靴を見つけたため、
店員さんに頼んで「24cm」サイズを出してもらった。
そう。私は足がでかい。そして太い。
たとえダイエットでガリガリになっても、足だけは絶対に痩せない。上から触るとすぐ骨に当たるような感触から察するに、骨自体が太いのかもしれない。
実家にいた頃、裸足で部屋を歩いていた時に、弟から
「金太郎みたいな足やなあ」
と、しみじみ言われた事は一生忘れまい。
(なんやねん金太郎みたいな足って!!)

…話を元に戻して。
足がむくんでいた所為もあるのか、店員さんの出してくれた24cmサイズを試し履きしてみると、微妙にかかと付近が当たる気がする。店員さんから
「もうワンサイズ大きいのをお持ちしましょうか?」と聞かれ、
お願いしますと答えるまでの一瞬、葛藤があった。

これ以上、サイズをでかくしたくない…
靴が大きくなると、それに合わせて足がさらにでかくなってしまう!!

しかし、靴擦れの不安なく履ける快適さには替えられないため、
大人しく「24.5cm」を出してもらった。
今度は大丈夫そうだったのでお買い上げ。
・・・・ついに24.5か。おまけにワイズ3Eか (それは元から)。
安定が良いにもほどがある。

画像 大きさのわりに、あまりそれを感じさせない
細めのデザイン。(だから買った。笑)
←履き始めて既に4日目ぐらい。


折しもその晩、WOWOWでディズニーの「シンデレラ」を久々に見た。
ガラスの靴がシンデレラの足にぴったり合って、
ハッピーエンドを迎える有名なシーン。
シンデレラって、どんだけ足ちっこいねん…と思った。あれだけコンパクトなガラスの靴でも、慌てて走ると脱げるぐらいだから、さらにゆとりがあるという事だ。
何だか“足のでかいオンナには素敵な王子様は現れないし、シアワセもこねーよ”と言われた気がして(どんな被害妄想だ)、
きぃーーーくぅやしぃーーーー!!!と、ハンカチ噛みたい気持ちになった。
イジメ役のねーちゃん達の仲間入り決定ですか!

まあ、なんだかんだ言っても本当は
たとえシンデレラのような美脚とは程遠い“金太郎の足”でも、
体にくっついてて、しっかり大地に立てて
自由に歩いたり走ったり出来るのだから、ありがたく感じてるのですよ。
丈夫でたくましい足を、親からもらいましたよ。
(ポジティブシンキン、ポジティブシンキン・・・・・)

この記事へのコメント

rikans
2007年02月07日 20:30
そういえば
シンデレラのドレスやカボチャの馬車は、魔法がとけると消えてしまうけど、なぜかガラスの靴だけは現物が残る。
あれは、着物をレンタルした時にサービスで付いてくる足袋みたいな位置付けなんだろか…と、アニメを見ながらロマンのかけらもないことを考えてしまった。
病み上がったルージュラ
2007年02月07日 23:05
何をおっしゃいますか!
私はrikansさんのバニーガール姿を忘れません!
走り込んで鍛え引き締めあげた足と腰!
たしかのディズニーのシンデレラは
足が太いのに足だけ小さい!(おかしいでな~(ー◇ー;))
でも、rikansさん、24.5cmなん?
(*≧m≦) ププッたしかにイメージはない(*≧m≦) プププッ
後付けの着物レンタルの足袋の話も笑けましたが、
関西の身内はどこも言いたい放題やな~
と、そちらも笑いました!
rikans
2007年02月08日 15:59
ルージュラさん、ノド大丈夫!?
調子が悪いのに休めない時もあったりして大変やと思うけど;なるべく養生して下さいよ…病み上がりが肝心、と言いますし!(そういう私もついに風邪をひき、喉・鼻・耳をやられてまふ。ああ自分の喋る声が遠い…)

>24.5cmなん?(*≧m≦)
ちゃうねん聞いてー!!
足の裏の一番長い部分を定規で測ってみたら、やっぱり24cmやねんっ。てことは買った靴の方が、普通よりちょっと小さく作られてんねん絶対!だから私は今でも24cmやねん!!(0.5cmの差はでかいのよーT▼T)

>関西の身内は言いたい放題
ちなみにカズ山は、私のバニー姿を見て
「格闘家や!あれは格闘家の体型や!!
今戦ったらお前は勝てる!!」と力説してました。
・・・・誰と戦うねん、誰と。

そういえばディズニーのシンデレラって、足小さくても細くはなかったっけ?
“不思議の国のアリス足”と呼ばせてもらいます(なんだそれは)

この記事へのトラックバック