コムサでリボン!!&メルフォのお返事

偶然辿り着いたよそ様のブログにて、
“モノコムサでリボンの騎士グッズが大量新発売されてる”
ニュースを知り、早速近場のモノコムサに行ってきました~♪

Tシャツにタンクトップにバッグにステーショナリーにetc.…
どれも超カワ!!お洒落!!ああ夢にまで見た空間!!!(T▼T)
あれもこれも欲しい~と望みつつ厳選せざるを得ない状況が
嬉しいような辛いような…
リボングッズでこんなに迷うほど、大量発売される日が来ようとは。
これも手塚せんせー生誕80周年記念を控えての賜物なのでしょうか?
厳選に厳選を重ねても結局、全部で2万円近くの散財になりました。
はい、後悔は全然!してません!!
むしろ、自分内厳選にもれたグッズ達が今になって
「やっぱりアレも欲しかったなー…」と瞼に浮かぶ始末。
あともう1回ぐらい!?お店に足を運んでしまいそうです…(汗)

以下、本日の厳選購入アイテム達。

画像
写真上3つ:タンクトップ、下左:ハンドタオル、下右:Tシャツ。
どのアイテムも大体、ピンク系と紫系の2種類ずつありました。
(今年になってどれだけ手塚Tシャツ買いまくってることか…)


画像
ビニールポーチ2種。全体的に中高生向け…?ぽい趣は
否めませんでしたが気にやしませんよっっ!!
(でもさすがにピンクは甘々すぎる気がして、紫を選んだ次第 ^_^;)


画像
両端:ストラップ2種、中央:バッグチャーム。
ストラップは迷った挙句、両方買っちゃいました(爆)


******************************************

以下、メルフォのお返事です。(一応、反転表記してあります)

>カーキ・オオエ様
ご無沙汰しております。
拙サイトトップHITのご申告&リクエストをありがとうございました!
アニメ版「リボンの騎士」で「フランツとサファイアが雪像づくりしていた場面」というと、第44話「さけぶ白ワシ」冒頭場面でしょうか?
(2人のやりとりの様子など、すっかり記憶が曖昧になってしまってます;)
描けるのはだいぶ先になりそうですが、
DVDで場面をちゃんと再確認してから描かせて頂きますね(^_^;)
気長にお待ち下さいませ…。

ちなみに「あの回のフランツの声は井上(真樹夫)さんでしたね?」とのご指摘でしたが、通常通り喜多道枝さんが担当されていたと思います。(DVD-BOX付録のキャスト一覧にも、喜多さんの名前が明記されていました。)
あの場面で雪遊びしたおしたフランツ、実は国の大事に関わる重要事をサファイアに知らせに来たらしく「本当は遊びに来たわけじゃないんだ」てなことをしれっとのたまいます。(これが喜多さんボイスだった記憶が、なぜかはっきりと。笑) 映像を観ながら思わず「それを先に言え~!」「散々遊びまくってたやんけ!!」とつっこまずにおれなかったので(笑)ここだけは印象に残っているのでした。(アニメ版フランツの、こういうボケ王子ぶりが最高にステキ…!! )

この記事へのコメント

rikans
2007年04月22日 20:42
ついでの追記。

ユニクロでは既に、手塚コラボTシャツのメンズ版が発売されてますね…ってことで、どろろTシャツもしっかりGETしました。(もうTシャツをしまう場所がない/汗)
百鬼丸とどろろと琵琶法師のおっさんが揃ってるデザインのを買いましたよ♪(もうひとつの“どろろ柄”は、なんか怖くて…?やめました^^;)
メンズでも、Sサイズだとそれほどブカっとしてなくて良い感じ!(いつ着るんだワタシ…?)
のりみ
2007年04月25日 18:22
こんにちは。ずっと以前からロムっておりましたが、コメントの書きこみをするのははじめてです。

実は私も昨日、コムサでリボンの騎士グッズを発見し、ハートをがっちりつかまれてしまいました。の割には少々高いなーと思って何も買いませんでしたが(笑)。でもまた梅田に出たときのぞいてみようと思います。それにしても、ファッション雑誌にこのリボンの騎士Tシャツが紹介されていたのにはびっくりしました。今時のアイドルっぽい子がサファイアを着るのか…と(笑)。それはそれで嬉しいけれど、ちょっと複雑な気持ちです(^^)

サファイアの横顔、とっても綺麗なんですが、手塚先生の絵のほうがもっと綺麗ですよね!微妙に…口元のラインが違う、なんて思っちゃいました。
rikans
2007年04月27日 00:32
のりみさん、初コメントありがとうございます!(せっかくロム頂いてるにも関わらず、大した更新が出来てなくて恐縮です;)
私も時々のりみさんのブログにお邪魔しては、重厚な建築写真の数々に見とれています。

「リボンの騎士」のグッズは、これまであまり出る機会が無かった上に、
たまに新商品が出ても、大人が抵抗なく身に付けたり持ち歩いたり出来そうな洗練されたデザインのものが少ない…と常々感じていました。(「そういうグッズを作って下さい」と、昨年12月の手塚ファン大会のアンケート用紙に書いた覚えが。笑)
コムサでお洒落にディスプレイされたリボングッズ達を見た瞬間、理性とともに日頃の鬱積が全てふっとびました。少々お値段は張っても (他にお金をかけてる趣味もない事ですし ^^;) 自分へのご褒美、とばかりに買いこんでしまった次第です。そんな調子ですから、手塚先生の絵との微妙な違いまでは、全く意識が回りませんでした・・・(本当にファンと言えるのか?爆)
rikans
2007年04月27日 00:36
(書ききれなかったので続きです↓)

お店で商品と一緒に展示されていた紹介雑誌も欲しくて書店を何軒か回ってみたのですが、残念ながら見つかりませんでした(><) 今時のアイドルっぽい子が、サファイアを可愛く着こなしてくれるのは大歓迎ですよ♪♪
私の子供時代のように、TVの地上波でアニメの「リボンの騎士」の再放送がヘビロテされる機会がなくなった昨今、とりあえず内容を知らなくても、とっかかりだけでもいいから、今の若い人達が「リボン~」に興味や好感を持ってくれたら嬉しいなあと思っています。(勿論そこから一歩進んで、原作やアニメ版も好きになってもらえるとさらに嬉しいです^^)
rikans
2007年04月27日 23:27
自己レス?です。
(管理人の連続コメント恐縮です~)

原因はわからないけど先日からまた風邪をひいてしまい、咳が止まらなくて呼吸困難に陥るわ、(職場じゃいつもの事ですが)腹立つ事があって怒りが治まらんわ…な最悪気分で、19時には会社を脱出。その足で途中下車し、再びモノコムサへ(=∀=;)
あ~やっぱりリボンづくし空間は癒される…!(笑)
でも冷静になってサファイアのイラストをよく見ると確かに、
のりみさんの仰る通り、口元の印象が微妙~に違うのですね?特に全身像の方。
とかいいつつ、諦めきれなかったグッズを3点ほど買っていったワタクシでした(´∀`;)
(これで地獄のGW進行、少しは頑張れるかのう…)
のりみ
2007年04月28日 22:34
rikansさんこんにちは。随分前から、rikansさんの綺麗なイラストに惚れ込んでいます。rikansさんのリボンの騎士イラストがそのままグッズになればいいのに(笑)。

コムサグッズは高かったのでまだ買っていないんですが、ユニクロのサファイアTシャツは3種類とも買いました。やっぱり値段の差(^^;)

ところで rikansさんて日本画専攻だったんですね?以前、久々に日本画の補修をした、というエントリーを見て書き込みしようと思っていたんです。私も日本画出身です。随分長いことご無沙汰だったんですが、ここ数年また時々日本画描いていますよ。ブランクがあったときは自信がなかったんですが、久々に手に取ったらすーっと岩絵の具が指に馴染んでいく感覚をおぼえました。私もデジタルにたより気味なんで、たまには手描きのアナログ絵もいいなあ、と思います。
rikans
2007年04月30日 10:26
のりみさん、
再来ありがとうございます(^^)

>~イラストがそのままグッズになれば…
手塚作品を愛する方に仰って頂けると、本当に恐れ多いです…!
光栄すぎるお言葉、ありがとうございます!

ユニクロTシャツはリボン3種のほか、
レオのエンボスデザインも買いました♪
(3枚買うと割引期間だった事もあり/笑)
コムサのTシャツより安い分、生地が薄くて丈夫さに劣る?感じは否めませんが、お手軽価格はやっぱりありがたいですね(^^;)
rikans
2007年04月30日 10:31
(続きです。いつもレスが長ったらしくてすみません;)

のりみさんも日本画出身だったのですね。今も時々描かれてるなんて素敵です。
ブランクを挟みながらでも、続けていく事って大事だなあ…と思います。
私はもう描く事もないかと思い、引っ越す際に道具を全て手放してしまいました(´`;)
学生時代の100号作品群の処分に困って持て余していた折、喫茶店を開店する事になった親戚が「店に絵を飾りたい」と拙作のうちの1点を引き取ってくれ、それで今年の正月帰省時にその絵の補修を行う事になったのでした。
約10ウン年ぶりに握る絵筆にドキドキしながら、手描きの感覚とともに、ゼミ仲間と京都まで画材の買い出しに行った事や、毎日夜遅くまで実習室で膠にまみれて(^^;)制作していた事、美術館への搬出入準備をした事等々、色々懐かしく思い出しました。
アナログでしか味わえない事って、一杯ありますね。
のりみ
2007年05月05日 00:39
3日に、手塚治虫記念館の「 リボンの騎士へ、ベルサイユのばらへ、タカラヅカ、永遠の輪舞曲展」(長いタイトルだなあ・笑)見に行ってきました。rikansさんのおっしゃるように、「リボンの騎士」がたったこれだけ?の感はありましたが、でもベルばらファンでもあるので、これでもOKです。池田理代子先生の原画はやはり本当に美しい!そして、手塚先生の「つるの泉」が出ていたのは非常にめずらしかったので、嬉しかったです。
ブログにレポート書いたんでよかったらご覧くださいませ~。
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-185.html

コムサグッズ、梅田では躊躇して買わなかったのですが、やっぱり記念館の企画展見ると欲しくなっちゃいまして、5千円以上グッズを衝動買いしてしまいました(笑)。
のりみ
2007年05月05日 00:39
お話変わりますが、日本画の岩絵の具。私も卒業後描く事は無いと手放そうかとも思ったんですよ。実際岩絵の具を何袋か友達に譲りました。日本画ほど、手間と時間とお金のかかる美術は無いと思いますが、しかしあの岩絵の具の粒子のキラキラ感は、他では味わえない魅力だなあと思います。
rikans
2007年05月05日 23:33
>(長いタイトルだなあ・笑)
私は“ヅカばらリボン展”などと脳内で勝手に略して呼んでおります~(^^;)
レポ (と言えるほど大したものにはならないと思いますが;)、私も写真つきでアップしようしようと思いながら後回しになってます。
「つるの泉」の原稿、ロマンチックで奇麗でしたね!
池田先生の作品については「ベルばら」「オルフェウスの窓」「エロイカ」など世界史を描いた大長編作品は押さえてあるものの、まだまだ未読作品が多く、展示されていた「ふたりぼっち」「桜京」などの原稿を“観る”というよりもつい“読み”ふけってしまいました。「ベルばら」以外にも、ボーイッシュな女の子が活躍する漫画を結構描かれてるんだわ♪と思わずときめきました(笑)
のりみさんのレポ、ぜひぜひ読みにお邪魔しますね!!
お知らせありがとうございます!

>コムサグッズ
良いお買い物をされたと思います♪
Tシャツやタンクトップを色々買ったものの、さて若いお嬢ちゃんに負けないほど可愛く着こなせるだろうか?などと寝言を考えている自分です…。
rikans
2007年05月05日 23:35
>日本画
私は袋入りで買った岩絵の具を色ごとにガラス瓶に移して保管していましたが (ずらりと並べると凄く奇麗でした!) 他の道具なども合わせたら段ボール3~4箱ぐらいにはなっていたため、引越先の狭さを考えると、当分使わないものは手放さざるを得ませんでした。仰る通り、手間と時間とお金のかかるほか (巨大パネル作品になると) 場所も腕力もいる美術だなあと思います。でも、大学で専門的に学ぶ事で、一般の人が「日本画」に対して抱いているであろうイメージよりも遥かに、深くて自由度が高くて幅広い表現の出来る美術である事を知り、「学生当時には思い至らなかったけど、今ならもっと描きたい題材があるのに」などと今さら振り返っています。
柿・大江
2007年09月12日 17:02
rikansさん、こんにちは。
今頃コメント返答を書き込みしてます。
(余りに遅すぎてごめんなさい~)
リクエストはそうです!その通り!「さけぶ白ワシ」です。
私もカナリうろ覚えで、ご指摘の点なども確認したかったので、録画ビデオ(私はまだDVDを持ってないのです。頼むから廃盤になりませんよう…)を見てみたところ、フランツはちゃんと喜多さんでした。
あり?
どうも他の回と記憶が混同しているようですね。失礼しました。
フランツとサファイアはお互いに作った雪像を褒めあってて、チンクは完全にのけ者状態でした。
(チンクの三頭身リボンの騎士はサファイアにけなされてましたし…カワイソ…でも確かに太い…)
リクエスト絵はrikansさんの都合に合わせてで全然構いません♪ 気長に楽しみにしていま~す♪

モノコムサのリボンの騎士グッズ♪
私はサッパリ自分でゲットせずに、見るだけになってしまっているので、こうしてネットで画像を拝見できるのは嬉しいです。
今改めて拝見して気づきましたが、このサファイアはブーツ着用だったのですね。
rikans
2007年09月17日 01:11
柿・大江さん、お久しぶりです。
レスのレスをありがとうございます。
サファイア・フランツ・チンクの3人が揃う場面では、ラブラブな2人の脇で、わりとハブられがち?なチンク…お約束といえばお約束かもしれないけど、
可哀想といえば可哀想;(^_^;)
リクエスト絵、長らくお待ち頂き恐縮です。
寛大なお言葉をありがとうございます。

>モノコムサのリボンの騎士グッズ
私は、己の好きなものは己の手元にないと気が済みませんし(苦笑) 時期を逃すと買えないでしょうから、物欲に任せて買い集めました。さすがに全部ではないですけども;
ブーツが特徴的なコラボサファイアは、メインターゲットである今ドキの中高生に受け容れられるよう、試行錯誤を重ねてアレンジされたデザインだそうです。(果たして反響はいかほどだったのかしら!? もう続きは出ないのかなあ…)

この記事へのトラックバック