6月になっちゃったよもう

職人OL生活に追われてる間に、サイトがすっかり過疎ってる…いや過疎は元々?
(てゆうかなんで休日まで、儲けにならん宿題仕事してるのかワタシ。
なんか自分に腹が立ってきたぞ)
心ならずもサイト放置状態にしてしまってる日々ですが、
常に心のどこかに、皆様から頂いた(イラストの)リクエストの事は留めてあります。
なにとぞ見捨てないでやって下さいませー…


さて明日は朝から「エリザベート」の電話かけを頑張ろう。
(毎度のことながら“ぴあ”のプレリザーブ落選しました/泣)
これでダメなら土日に兵庫遠征 (マジですか)
だってどうしても観たいねん雪組公演「エリザベート」!!


通勤電車で読める本をと思い、最近なぜか (ちょっと怖いもの読みたさで?)
「切り裂きジャック」の解説本を買って読んでます。
「切り裂きジャック」についてマニアックに追究している人々を指す、
“リッパロロジスト”という言葉の存在を初めて知りました。
冒頭の章で「切り裂きジャック」が出没した19世紀末ロンドン(ホームズと同時代)、
イースト・エンドと呼ばれる貧民街に住む人々の悲惨な生活状況について解説されていたのですが、それを読みながらふと思い出したのが、小さい頃に見ていたとあるTVアニメ…
「女王陛下のプティ・アンジェ」というタイトルだったか?
少女探偵がスコットランド・ヤード顔負けの活躍をする内容の活劇だった、ぐらいの記憶しかないのだけど、貧しい人々の悲惨な描写なんてなかった気がするし、あれは上流階級の住むウエスト・エンド中心の話だったのかなー、なんて考えがふとよぎりました。
(このアニメ、知ってる人いるかな??
少なくとも30歳未満の人は確実に知らないであろう…;)

この記事へのコメント

ルージュラ
2007年06月06日 02:06
やほ~♪
私の忙しいのは私が悪いんだけど、
rikansさんの忙しいのはそうじゃないもんね。
仕事場で起こる対人関係問題も、
今野のほほ~んとしてる私には、
rikansさんのその辛さが半分もわかってあげれるんだろうか‥と、
遠い空から心配であります。
大阪に帰って来たときはう~んと癒しのデーと計画しておきます!
どうぞ、踏ん張って下さい(((*^‐^)八(^∇^*)))

ちなみに「切り裂きジャック」は
「名探偵コナン」で知った様な…
rikans
2007年06月07日 23:30
ルージュラさん、
心配してくれてありがとう!
いま鬼のように仕事忙しくてしんどいけど、それ以外は平気♪
やはりというか何というか、問題の上司は私より年若い分ナメられまいとして、高圧的に私を押さえ込もうとしてたらしいです。アホやなー(苦笑)
私は相手の年齢に関わらず、口先ばかりor態度でかいばかりで仕事出来ん奴を内心バカにする事はあっても、自分より年若いという理由だけで相手を見下した事なんか無いんやけどね。それを敵が理解したのかどうかはともかく、rikans集中攻撃キャンペーンは思ってたより早く終了したみたい(笑) もしそれが今も続いてたとしても今後再発する事があっても、こんなん全然“辛い”うちに入らんから(^^)心配しないでね。
それはそれとして、
癒しのデートin大阪!
楽しみにしてるわ~~~♪♪♪

この記事へのトラックバック