新年&工場萌えドラマ&プレゼント

明けましておめでとうございます。
(ってもうじき次の祝日が来ちゃうー…早!てゆうか私が遅!!)
大変遅ればせながらですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
幸多き2008年でありますように。

7日晩に帰省先からUターンし、翌日から仕事初めでした。
世間様より若干多めに年末年始休みを取れたとはいえ、
Uターンしてからの一週間・・・めちゃくちゃ長かったです。
たれぱんだが地を這うごとく、体を引き摺って過ごしていた気がします。

慌ただしかった年末、結局サイトほったらかしのまま帰省することに。
お知らせ記事は主にブログに書くようにしてるので、年末のご挨拶を
出先から携帯電話でこっちに書き込むつもりだったのですが、
ブログの携帯用投稿アドレスが知らない間に変わってやがりました(--)
新アドレスがわからず、急遽BBSの方に書き込んだ次第です。
(今となってはどうでもいい話ですね)

うさぎ
甥っ子5歳がくれた、
ものすごい小顔の“うさぎ”
(干支はネズミだけども。笑)

**************************************************
★華麗なる工場萌え(←違う)

帰省中は、昼間は昨年と同じく、祖母の介護をしに老健通い。
夜は母に「あんた工場好きやろ?」と言われて勧められたドラマ
『華麗なる一族』の録画ビデオを、3晩かけて全話視聴。
(このごろ連続ドラマを見る習慣がなくなっていたため、未見でした)
確かに工場萌え必見ドラマ?といえましょうか。・・・しかし
あまりにもあまりにも、やりきれなさすぎる結末に
正月早々ものすごい喪失感に襲われました。il||li _| ̄|○ il||li
(世間の波より一足も二足も遅れてることと思います)

もう終わってるドラマだから、ネタバレとか気にせず書きますが

完成目前だった高炉が爆発した時は、一瞬まじで
「鈴木京香が火ィつけにいったんか!?」と疑いましたよ。
そう思わせるほどにド憎たらしい愛人役を、華麗に演じてきっていた
京香姐さん、さすがの女優さんですね。「新選組!」のお梅さんの
100倍ぐらい?ふてぶてしかったですね。
斜に構えていた銀平のニヒル仮面が剥がれて、
鉄平兄ちゃんに泣きすがった場面も良かったですね。
服部隆之さんのテーマ曲も、悲壮極まりなくて耳に残りますね。
(内容は全然関係ないにも関わらず、
なんか無性に「新選組!」を思い出すドラマでもありました)
神戸が舞台になっている話で、銭高さんJr.もタイガース帽子かぶってたのに
万俵一族を初めとする人々の殆どが標準語セリフだったのはちょっとふしぎ。
…シリアス劇に関西弁はそんなに似合いませんかのう?
関西弁劇だったら、鉄平もあんな悲惨な末路を辿らずに済んだりして…?
しかし、万俵邸に飾られている、キムタクをそのまんま老けさせただけの
お祖父様の肖像画は、出てくるたび笑いそうになって困りました。

本放送終了後、北大路さんがスマスマにゲスト出演していた日があったらしい。
今となっては、ちょっとその回見てみたかったな…
鉄平に微笑みかけるおとうさん(^◇^;)

**************************************************
★昨年末に書きもらしたこと(汗)

クーマとチロルチョコ
去年のクリスマスも、
shanz様からクーマに、おもちゃ箱のように可愛いチロルチョコカップを頂きました♪♪
ありがとうございました!
日頃から「物事は甘ければ甘いほど良い」を標榜しているクーマ、大喜びでした☆(その主張はともかく…)

この記事へのコメント

shanz
2008年01月14日 01:12
rikansさん、こんばんはー!
&お帰りなさいませ。
クーマさんが喜んでくれてるようで嬉しいです。
可愛いものが更に可愛くなってるのはシアワセですねぇ♪
お写真見せてくださって有難うございます。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
rikans
2008年01月15日 01:39
shanzさん、こんばんは!
例のごとくチョコカップに抱きついて離れないクーマより「shanzさんによろしく伝えといてくれなさい」とのことでした。毎回、中味の種類がちょっとずつ変わって楽しいですね♪杏仁豆腐チョコが新鮮でした!
こちらこそ、クーマともども今年もよろしくお願いします☆
ルージュラ
2008年01月23日 13:24
やっほ~!rikansさ~ん
この記事は読んだんだけど、その時にコメ残せなかったので※書きにきました~v(=∩_∩=)
甥っ子君、かわいいじゃ~ん(o^^o)
あのクーマ、何ともかわいいですやん(#^O^#)
うちの幸チキボンが女の子なら、キャラのリクエストも、
こんなかわいいのもあったりなんかしたんかな~♪っておもいました。

工場萌えのドラマだと走りませんでしたがな~(;◇;)
知ってても観たかどうか…
観てもきっと『タイタニック』見た時の様に、
早送り早送りで観るかな?(@ ̄∇ ̄@)おほ (.☆)\(--;)
rikans
2008年01月24日 16:49
ルージュラさん、コメントありがとう♪
年が改まったにも関わらず鬱々とした日々が続き
ネットに浮上出来ずにいました(´∀`;)

> 『華麗なる一族』
> 早送り早送りで観るかな?
え~~~なんで???
(私も本放送見てなかったし、原作の小説も未読ですが…)
キムタク演じる主人公は、鉄作りが大好き&才能豊か&誰からも慕われる人望厚い青年なんだけど、本人には何の罪もない理由で父親から疎まれてるのね。生まれてから一度も自分に微笑みかけてくれた事がない父の愛情が欲しくて、勉強も仕事も一生懸命頑張ってきたのに報われず、情熱かけて経営している製鋼会社まで父に潰されそうになる。しかし最後に大どんでん返しが…という話。
この父親が息子にしてきた仕打ちはどんな理由があっても許される事じゃないけど、父親の苦悩もわからなくはない…にしても鉄平が可哀想(泣) 責任感の強い正直な人が報われない話は、現実でも架空でも辛いのね;それでも、誰に感情移入して観ればいいのか全然わからなかった『タイタニック』よりはずっと(苦笑)のめりこんで観れましたよ。
rikans
2008年01月24日 16:56
昭和40年代の三宮の街の再現も凄かったし、巨大な製鉄工場のシーンも萌え♪
海っぱたのプラントを眺める機会でもあれば、このドラマを思い出しちゃいそうです(単純だから。笑)


鉄道マニアの甥っ子は今、折り紙がマイブーム?の様子でしたが、出来上がるのは謎なモノが多かったです~。
のりみ
2008年02月03日 01:46
わっ!「華麗なる一族」とはまた懐かしい。
しかし「華麗なる一族」が工場萌えドラマとはすごい視点やなあと思いました(笑)。

放映当時、私もすごいハマったので、ちょっとだけですが、ブログでネタにしています。↓
当時「華麗ぱん」がバカ売れしたんですよ(笑)。
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-133.html
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-142.html
あと、お友達ブログの記事も紹介しておきますね。↓
http://gorimon.com/blog/log/eid659.html
http://gorimon.com/blog/log/eid669.html
rikans
2008年02月06日 03:13
のりみさん、「華麗なる~」にひっかかって下さってありがとうございますー!世間的にはもう (キムタク版さえも) 懐かし作品なんですねえ。私もリアルタイムでハマれていたら絶対“華麗ぱん”買ってましたよ(笑)
ご紹介下さったブログの数々、楽しませて頂きました♪♪
昭和40年代当時を知る世代の方々から見ればツッコミ所満載だったかもしれませんが、上海で撮影されたという昭和レトロ感あふれる街並・ロケで使われた近代建築・本物の高級家具をふんだんに使ったお邸のセット等々、見た目にも見応え十分のドラマでしたね。特に工場シーンは、この時代の設備の工場をよく撮影出来たなあと…!公式サイトも隅々まで読みふけりました。
「ほぼ日刊イトイ新聞」のドラマ談義も面白かったです。(最終回を見終わった後すぐに「ほぼ日」見れてたら、喪失感が やわらいで慰められたろうに… ^^;)
http://www.1101.com/2007_karei/index.html

この記事へのトラックバック