メルフォのお返事

社会のこと、虫プロ版「リボンの騎士」本放送時の逸話、
関西ローカル懐かCM、京都手塚ワールド版「リボンの騎士」などなど。
ワタシだけが独占するには勿体なく!?思える話題もあり、
今回も反転なしで掲載させて頂きます。m(_ _)m

****************************************************
A・アーちゃん様

いつも図書館よりメールを (限られたお時間をウチのために使って下さり)
ありがとうございます。読み応えたっぷりのボリュームメールに大感激です!

>電車女(2008/06/17 のログより)
>見ぬふり、知らぬふりの乗客の中、女の子は手がさしのべられて
>どんなに救われたことか。
>誰もあの時、助けてくれなかった、では、絡まれた以上に傷ついてるはず。
>その場のみならず、今後の女の子の人生、救ってると思います。

ありがとうございます。あたたかいお言葉、とても嬉しいです。
そうである事を心から願いたいです。
あの時は、過去に同じような被害を受けた自分を見る思いでした。
苦い経験、痛い経験、恥ずかしい経験、悲しい経験…生きていると色々あって
出来れば悪い目には少しでも遭いたくないものですが、
人生には何ひとつとして無駄な経験など無く、
無駄にしないためにも活かすことが大事なんだな…と思います。

>絡みや痴漢行為って、加害者にとっては、ほんのいたずら、
>出来心でいちいち覚えてもいない小さいことなんだろうけど、
>被害者にしたら、一生忘れられない嫌な思いなんですもんね。

本当に。
しかも加害者は必ずといっていいほど、(昨今の通り魔などの凶悪犯罪から
陰湿なイジメに至るまで) 自分より弱い者を狙います。
私自身にも醜い面や心の弱い面はいっぱいありますが、少なくとも
そんな卑怯者にだけはなりたくないし、負けたくないものです。


さて、虫プロ制作TVアニメ・リボンの騎士。
放送時の貴重な逸話を、たくさんお話下さってありがとうございます!

>本放映時、視聴率低迷だったとは、私も大きくなってしりました。
>~スポーツ新聞では、1クールで打ち切り、という記事も出たようです。

私も以前、何かの資料でそれを知りました。
たしかアニメDVD-BOXの付録冊子にも書かれてたかな…?

>「こわされた人形」でサファイヤが
>「チンク、『リボンの騎士』も長くなかったね」と言ったのは、
>あながち冗談でもなかったようで。

だとしたら…
絶妙な内輪ネタ?というか自虐ギャグだったんですねーアレは…(^_^;)
もし打ち切られてたら、全52話分存在しなかったのですね。
アーちゃん様の仰る通り、(今更ながら)よくぞ一年、頑張ってくれました!
と関係者諸氏への感謝にたえない気持ちです。

ここから更に興味深い内容になりますので、ほぼ全文引用させて頂くことを
お許し下さいませ。m(_ _)m

>・・・で、そのとき降りたのは、サンスター。
>では、拾う神はどこだったんだろう。
>単独の提供ではないかもしれませんが、興味のあるところでした。

はい、とても。

>以前、「探偵!ナイトスクープ」でパルナスの歌を熱唱されたお姉さんが
>出てこられました。そのとき、ちらりと「リボンの騎士がすきで、
>その提供がパルナスだった」というコメントが。

「探偵!ナイトスクープ」に“リボンの騎士”という単語が出てきただけでも
貴重なことに思える…好かれてたなんて余計に嬉しいです。

>ふとそれで、リボンの騎士とパルナスを検索してみると、本放映時の提供で、
>このふたつをセットにして覚えてる方が意外と多いことにびっくり。

なんとー…!まだまだ知らないことが多いですわ。
(そして長年、何も意識せずサンスターの歯磨き粉を使ってる我が家・・・
なんとも複雑な気持ちです・・・・´Д`;)

>ちょっと世代がずれて、私はパルナスといえば、日曜午前にムーミンの
>再放送が印象に残ってるんですが。 パルナス、もちろんご存知ですよね。
>関西圏に昭和40~50年代ごろ住んでないとわからないローカルなCM。
>あの哀愁をおびたメロディ。
>関西人は、その話で大人になっても盛り上がれます。
>~あの曲、中村メイコさんが歌っておられたとか。ゴンチチさんだったか、
>「名曲なので、CD化を望む」とコメントも寄せられてました。
>今、それが実現してるそうです。

うっわーーーパルナスなつかし!!!!あれ、CD化してたんですか!
DNAレベルで刷り込まれてますよ、あの…やたら物悲しい歌!!
(テンション上がる上がる/笑) 思えば子供の頃、日曜朝の再放送アニメ枠の
スポンサーは、パルナスのほかコトブキやタカラブネなど、洋菓子メーカーが
多かったように記憶してます。(そういえばタカラブネもパルナス同様、
いつ頃からか全然見かけなくなったなあ…と思って検索してみたらば…
いつのまに倒産してたの!?( □|||)
全然なじみのない社名で再生していて吃驚でした。ついでの余談でした)

>私は、メーンの曲もさることながら、季節によってひな祭りだったり、
>クリスマスになるんですが、「パルナスのパルナスの○○○ケーキ」・・・
>その前の小節を男声がソロで歌う「しあわせを皆でわけよう、わけよう」
>という歌い方がとてもレトロな昭和の時代の歌唱だ、
>当時から思っていました。調べてびっくり。うたは藤山一郎さん。
>この曲は、ご自身の作曲によるものだそう。さすが、あの歌いっぷり、
>昭和を代表する歌手かと思いますが、
>メイコさん同様、かなりお若い声ですよね。

そうそう!定番曲「ぐっとかみしめてごらん…」も、
打って変わって底抜けに明るい季節イベント曲「パールナッス~♪」も、
どれもみな耳に残るメロディ&歌声でした。
明るい方の曲は、口ずさむと自然に昭和歌唱調の物マネになります(^^;)
歌い手さんご自身による作曲でしたか!(藤山一郎さんといえば、NHKの
懐メロ歌謡番組などで「青い山脈」を歌っていた方、というイメージが)

>それにしても関西圏しか流れてなかったはずなのに、かなりの大物起用、
>しかも視聴率低迷の中、「リボンの騎士」のスポンサーだったというとで、
>懐かしさと小さいころの憧れのお菓子、ということで、
>ますますパルナスが愛しくなりました。

全くです…。瀕死の(汗)「リボンの騎士」を救ってくれた恩人ですね。
今は亡きパルナス、久々に思い出して懐かしくなりました。
(実を言うと、あれが関西ローカルCMだったという意識すらなかったです)
パルナスがなくなってしまう前に、阪神デパートの地下で出会えて
モスクワの味をかみしめられることが出来て良かったですね!(*^^*)

>京都駅ビルの手塚治虫ワールド。
>一昨年、二回目行ったときは、規模が縮小されてました。
>アニメシアターはとても簡素に。

全国に点在していた手塚ショップが次々と畳まれたり、
京都の手塚ワールドが縮小されたり…何とも寂しい流れです。
(東京に引っ越してきた当時、宝塚の手塚記念館は遠くなっても
初台の手塚ショップが近くなった事を救いと思ったのに…)

>ちょうど、「リボンの騎士」だったんですが、テレビ版のサファイヤや
>冨田サウンドが好きな私としてはがっくりで、それ以降、行ってません。

絵柄や演出が、今どきの少女アニメ風?に著しくアレンジされた
京都アニメシアター版リボンの騎士。虫プロ版に愛着あるファンには
どうしても受け入れがたいものがあるでしょう。
私の場合、あそこで最初に「リボン~」が上映された時に見に行きましたが、
京都手塚ワールド初体験だったのと、リボン関連のメディア展開に飢えていた
こともあり(苦笑)それなりに楽しめました。“新作”をうたっている以上、
「虫プロ版と全く同じものにはならない」という割り切りのような気持ちと、
それ以上に、久々に新作リボンが見れることへの期待が大きかったのでした。
予想に違わず、虫プロ版の面影が失われていたことに時の流れが感じられて
寂しく思う反面、「リボンの騎士」という作品を20分程度で紹介する映像
としては巧い構成でまとまっていて、決していい加減な仕事ではないと
思いました。 これで初めて「リボンの騎士」に触れた若い人々が、
原作や虫プロ版に興味を持ってくれたらいいな…と思いました。
作り手の熱意さえ感じられれば、様々なクリエイターによる
「リボンの騎士」が見れることに、私は抵抗はないです。
2006年に新宿コマで上演された宝塚歌劇×ハロプロのミュージカル然り。
虫プロ版は虫プロ版で、自分の中で永遠に生きてますから。(^^)


>第二の故郷は地震の被害はいかがでしたか。

「第二の故郷」というのは、今ちょっと東北ブームが来ている私を身内が
茶化して言ったもので、実際には住んだこともなければ、親戚や友人知人の
1人もいません。(“故郷”なんておこがましいことですー…;)
紛らわしい記述で、余計なご心配をおかけしていたらすみませんでした。
先月の連休に旅行した秋田がとても気に入り、また“みちのく旅”したいな…
と思っていた矢先に、岩手・宮城地震の報を知ってショックでした。
かつて神戸で震災に遭った時につくづく思いましたが、大災害のもたらす被害は
発生時の恐怖だけでなく、その後いつまで続くのか見通しの立たない
不安かつ不便な生活がしんどいですね。(中国の四川も悲惨ですね…)
地方の孤立した集落だったら尚さら、どんなに切迫した状況だろうかと…
亡くなられた方々は本当に気の毒です。残された方や命拾いをされた方々が、
1日も早く元の暮らしを取り戻されるよう祈りたいです。

かなり長ったらしいお返事になってしまいました。"A--;)
最後までお読み下さってありがとうございました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック