雨雨雨&メルフォのお返事

関東では、荒っぽい天候が続いています。
これを書いている現在、ゆうべの雷雨から一転して穏やかな空ですが、
油断出来ません。昼間は晴れ間が見える時間帯があっても、夜になると
大雨 …という極端なパターンが、ここ1週間ほど続きっぱなしです。
(なんで降り出すのが、主に夕方~夜なの?)
先週は残業帰りに電車が止まり、しっかり足止め食らいました。
愛知県など、所によってはもっとひどいことになってますね…
どうなってるんでしょうね、日本のお天気は。

祖母の介護のことを書いた前回のログに対し、
アンネット・アーちゃん様からメールを頂きました。
いつものように、当ログにてお返事させて頂きます。

それと、これも私信で恐れ入りますが
MOMOさん、メールをありがとうございました。
前回のログを書きながら、MOMOさんが介護福祉関連のお仕事をなさっていた事を思い出していました。現場に携わってらっしゃる方から頂くご意見は、どれほど貴重で参考になり、心強い励ましを頂けることか…。
なるべく近日中に、メールにてお返事させて頂きます。

帰省中のその他の出来事 (しょぼくなっていた京都手塚ワールドやら
「なら燈花会」の火の鳥やら色々) については、次回以降に書く予定です。
…その頃にはすっかり秋も深まってたりして?"r(-∀-;)
釣りキチ萌え萌え話も久々にしたいけれど、それもまた今度に~。

****************************************************

★アンネット・アーちゃん様

ご無沙汰しております。
しばらく休みボケが抜けなかった上、休み明けに早速仕事が押し寄せて
(ヒマな時はヒマなのに、押し寄せる時は何故か一気に集中。
ゲリラ豪雨かこの仕事は…)
何かとバタバタした1週間ではありましたが、元気にしております。
あたたかいお言葉の数々をありがとうございました。

介護帰省 (勝手に作った日本語;) は、うちではここ3年ほど恒例行事化してます。なので、色々考えるのは今回に限ったことではないのですけど、
介護問題について (自分が今把握している限りの触り程度の内容ながら)
少しつっこんだ内容をブログに書いたのは、今回 (前回ログ) が初めてです。

施設では、祖母と似た症状とおぼしきながら、長い間どなたもお見舞に
来られていない様子の患者さんを、少なからずお見かけしました。
家庭によって様々な事情があるでしょうから、他人がとやかく言うべき事
ではないと思いつつ、そういうお年寄りを目の当たりに拝見するたび
気の毒に思えてなりませんでした。
人間の体の機能は、使われなければここまで退化してしまうものなのか…と、改めて思い知らされたりもしました。
祖母が寝たきりになった当初、本人は寝返りを打てない上に、言葉で苦痛を訴えられないから、こちらも知識がなくて気付いてあげられず、ひどい床ずれを起こさせてしまったことがあります。幸い薬で治りましたが、二度とこんな事がないよう、今では母も細心の注意を払っています。
もちろん施設では職員さんが日々気を配って下さっているのですが、前回も書きました通り、限られた人手で、1人1人につきっきりで手厚い介護を施すのには、限界があります。

「毎日現場に通わなければ気付かない事、わからない事が山ほどある」
と、母はしきりに言っていました。
高齢者問題なんて自分には関係ない、と思っている若い人は多いでしょう。私自身、20代ぐらいまでは、自分や自分の親が年老いていく現実などカケラも考えていませんでした。
でも長く生きていれば、多くの人がいずれ必ず直面する問題ですよね。
それに若くて健康でも、いつ何どき突然の事故や病気で、自分や自分の家族が人様の助けなしに生きられない体にならないとも限りません。
大した事は出来ずとも、こんな自分なりにも伝えられる事があるのでは…
と思い、前回に引き続いて駄文を書き連ねた次第です。

> 自分の思うように身体が動かなくて、喋れなくなっても、
> 人間の値打ちがさがるわけではない~
> むしろ精神的な感度は鋭くなって、こちらがびっくりすることもあって・・

アーちゃん様の仰る通りだと思います。
むしろ、体が不自由になった時に初めて、その人の人間性や
生きてきた人生がにじみ出てくるのでは…という気がしてなりません。
祖母を見ていてもわかるのですが、昔の人は自立心が強くて、
我慢強い方が多いですね。
(まあ中には、我儘放題の困ったお年寄りも見かけますが/苦笑)
若い頃に苦労した世代だから、たとえ娘でも孫でも迷惑をかけることに
罪悪感をもっている…本当にそんな感じです。
理学療法士さんの本格的なリハビリを受けている間も、痛みに強く顔を
しかめながら、ぎりぎりまで我慢して頑張っています。
介護を手伝っていて「ここまで本人に辛い思いをさせるなんて…」と
心が揺らぐこともありますが、生きていて欲しいと願う私達の気持ちに
一生懸命応えてくれる祖母に、こちらもしっかり応えなければ、
と思います。


いつもメールフォームからのメッセージをありがとうございます。
8/30(土) に追加で頂いた1件へのお返事は、暫くお待ち下さいませ。
(豪雨のご心配を頂き、ありがとうございます。あちこちで落雷があったり
線路が冠水したりして、通勤電車は止まりがち・遅れがちでしたが、
うちはそれほど大した被害はなかったです。)
もし今後、公開しても差し支えない話題で、お書込みに抵抗がなければ
BBS または当ブログのコメント欄のご利用も歓迎致します。
文字数制限はあるのですが、それぞれのレス欄において、
メルフォより早めにお返事を差し上げられるかと思います。
蛇足ながらのお知らせでした。

8月下旬の予想外の涼しさから一転、残暑が厳しくなると聞いています。
どうかご自愛下さいませ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック