メルフォのお返事

アンネット・アーちゃん様から頂きましたメールのお返事です。
続けて頂いた2件分、まとめてレスさせて頂きます。
(※メルフォより返信用個人様メアドなしでお送り頂いてますので、
当ブログにてお返事させて頂きます。)
主に、宝塚歌劇や「リボンの騎士」関連話題です。

********************************************************
★アンネット・アーちゃん様

拙サイト開設7周年のお祝いメッセージをありがとうございました。
新作の「どろろ」イラストもご覧下さってありがとうございました。
さわやか(一応?)百鬼丸に、青春ドラマ時代の森田健作氏を連想
して頂いたのは意外でした…渋いですね!

>三平くんのほうは、「そういえば、やってたなぁ」という記憶しかなくて
>話が通じなくってごめんなさい。

いえいえ、私が勝手に萌え騒いでいるだけですのでおかまいなく。
こちらこそ、ラジオ番組のお話などわからないことが多くてすみません。
太田淑子さんに関する貴重なエピソードの数々をお話下さって
ありがとうございました。
太田さんが宝塚歌劇団ご出身でいらしたことは、子供の頃に読んだ
「手塚アニメ選集6」のインタビュー記事で知りましたが、
現役タカラジェンヌ時代の舞台でのお姿を映像でいいから一度
観てみたかったです。

>rikansさんもタカラヅカ、目指したこともあったの?
いやーまさか。
私が宝塚にハマって「あそこに入りたい!!」と望んだ時には既に
大学の1年だったか2年だったかで、音楽学校の受験資格年齢を
とうにオーバーしてましたから、挑戦することさえ叶いませんでした。
当時は泣きたいほど悔しく(笑)もっぺん死んで生まれ直したい!
とまで思いました。ヘンな気を起こさなくて良かったです。笑

ちなみに宝塚版「うたかたの恋」は、麻美れい・遥くららコンビの
初演の後も、何度か再演されています。詳しくはこちらに↓
うたかたの恋 (宝塚歌劇) - Wikipedia
残念ながら、私はいずれの公演も観れていませんが…。
宝塚を代表する名作のひとつと言われてますし、
今後も新しいメンバーで再演される可能性は大いにありそうです。


>ブログで書かれてる「拍手」もこちらからは
>「そんなん、どこある?」状態なんで~

web拍手ボタンは、うちの場合このブログではなく、
本館サイトである「銀色の王国」トップページの
画面上・サイト名ロゴの右隣りに設置しています。
こういうボタンです。

トップページにあるこのボタンにマウスを合わせると、
簡単な説明文が出ます。
クリックするとリンク先に飛ぶだけですので、
どのPC環境でもアクセス制限などはないと思われます。
拍手クレクレ乞食みたいで恐縮ながら(苦笑)
もし見つかってお気が向いたらぽちっと押してやってみて
下さいませ。
(お礼イラストを現在5パターンほど用意しています。
…リボンの騎士とは関係ないものばかりですが。汗)
そこからでも、メッセージをお送り頂くことが出来ます。
(拍手ボタンから頂いたメッセージのお返事は、ボタンのすぐ
隣りの「ClapRes」というテキストリンク先に載せています)

>いつも詳しくお返事くださるので
>その返事を私が書ききれてないなぁ、と~

たくさんの文面のメールを頂きますと、こちらからの返信も長文に
なりがちですが、「それに見合ったボリュームの返事を…」といった
お気遣いはご不要です。キリがなくなっちゃいますものね(^^;)

>BGM集については、フランツの出てくる回のラスト音楽が
>入ってないのが一番の不満。

これは数年前に東芝EMIより発売されていた
「懐かしのミュージッククリップ44」でしょうか。私は、フランツ登場時
の音楽(勝手に“フランツのテーマ”と読んでます)が入ってないのが
不満でした。

サブタイトルが再放送のたびにころころ変わっているのは、
昔のアニメならではの…
良く言えば、細かいことを気にしないのどかさ、
悪く言えば、管理の甘さ?からかなあ、なんて思ってます。
突然の声優さん変更問題といい、台本の台詞ミスといい、
つっこみどころを上げるとキリがないでしょうね。
海外輸出版にも様々な違いが見られるのでしょうね。
製作中のハリウッド版アトムを取り上げたNHKスペシャルは私も
見ましたが、文化の違いからくる衝突は避けて通れないのかも。

>一昔、ふた昔も前のことをしつこく書いてる私もなんですが、
>こういうことを、今まで話してわかるお方がいなかったもんで、
>あれこれでてきます。

すみません…好きなリボン関連話題とはいえ、あまり時代が遡ると
さすがにわからないことも色々出てきてボロが出る私です(汗)
所詮は自分が見聞きした限りのことしか知らない、ぬるいファンで
恐縮です。当時のお話を色々聞かせて頂けるだけでも
貴重な事だと思っています。

11月を迎えて秋もいよいよ深まり、そちら京都では観光たけなわ
でしょうね。そのうち、綺麗な紅葉も見れそうですね。
ただ、気候は変わりやすいと思われますので風邪などにはくれぐれも
ご注意下さいませ。それでは…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック