隠れ里より出張&メルフォのお返事

絵の更新がなかなか出来ないまんまなのもアレなので…
隠れ家サイト出張版でお茶濁しです(需要ないのはわかってるんですが~汗)
今月初め頃に即行描きした、クリスマス三ちゃん。
隠れ里掲載版より一回りサイズ小さめ&若干低画質です。

画像
たとえ「くだらない」と蔑まれても、敢えて言おう。
「鯉人がサンタクロ~ス」と!! (その思いつきだけで落書きしたもの)


以下、アンネット・アーちゃん様から頂きましたメールのお返事です。
(※メルフォより返信用個人様メアドなしでお送り頂いてますので、
当ブログにてお返事させて頂きます。)
主に、NHKのドラマ関連話題です。

********************************************************
アンネット・アーちゃん様

当ブログ12/9 (13:22) 投稿記事へのコメントをありがとうございました。
私が「てるてる家族」のスケートシーンのエキストラで参加したのは
番組初期の、四姉妹を子役さん達が演じていた時期の練習シーンです。
(エキストラといっても一応、書類審査で受かって頂いた役なんですよ。
オンエアを見ると出番は一瞬で終わりましたけど。笑)
近年フィギュアスケートの世界大会において、トリノ五輪で金メダルを
獲った荒川静香さんはじめ、日本人選手の皆さんが華々しい活躍を
見せています。これで国内でのスケート人気が盛り上がり、
各地のスケートリンクが経営難で次々と閉鎖に追いやられる流れに
歯止めがかからないかなと単純に期待を抱きましたが、現状は厳しい様子
…将来のフィギュアスケーターが育ちやすい環境になればと思うのですが。お金のかかるスポーツは大変ですね。

>「新撰組」もよかったですよね。視聴率がふるわなかったらしいけど。

「新選組!」を観るまで私は、三谷脚本作品を殆ど観たことがなく、
小劇団出身の役者さん達のお芝居も殆ど知らず、
大河ドラマをちゃんと観るのも「独眼竜政宗」以来!?(いつの話だ…)
何より新選組はおろか、幕末史に詳しくなかったものですから
(学生時代の日本史の授業、幕末辺りは死ぬほど苦手でした)
歴史・脚本・出演者、どの視点からもほぼ先入観なしに観始めたのです。
結果、「~組!」にどっぷりハマってしまった自分には、なんでそんなに
この作品が低視聴率だったのか不思議でしたが、世間の評価はともかく
私自身はとても楽しめましたし、ドラマを観ただけで終わりではなく、
新選組を題材にした小説や解説書などの書籍を読み漁り、
あちこちの史跡を訪れ、近代日本の礎を築いた人々に想いを馳せるなんて
幕末史が苦手だった以前の自分には考えられなかったこと。
ドラマをきっかけに、自分の世界が少しでも広がった事は収穫でした。

「篤姫」は、確かに70年代少女漫画的な吸引力を感じましたね。
途中参加視聴にも関わらずほぼ毎回泣けましたが、「~組!」を観ながら
滝のように流したジェットコースター涙(?)とは違う、静かな涙でした。
最終回を観て、1話から観なかったことをつくづく後悔しました。
26日晩の総集編の放送時間にはとても帰宅出来そうになく、
27日には帰省する予定なので、母に録画を頼んであります。
(私が頼まなくても「永久保存用に録画するよ(当然)」とのことでした)
親元でじっくり観るのが楽しみです。

さらに、個人的感想を付け加えますと。
第一印象は「えげつないお姑さんだなー…汗」という印象だったのに、
だんだん面白可愛く見えてきた、高畑淳子さん演じる本寿院様が
気に入ってしまいました。キャラ立ちすぎ!
あの人が出ると、場の空気を一気にさらってしまいましたね。笑

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック