年末年始帰省中のあれこれ・完結編

管理人の身内、甥っ子ネタ&祖母のことを少し。


★シンガーな甥っ子

年末年始の数日間、母宅に預けられていた
甥っ子 (6歳、就学目前) が、ある時
オバ (秘密歳、大台目前) にこう言い放った。

「りかちゃん、大学生?」

おお……!オバがそんなに若く見えるか!そうか!!!!
で、後日それを得意気に弟 (甥っ子父) に話したところ、
弟は真顔であっさり「ああ、あいつは普通にお世辞いうで」

・・・・・・・・・・・・・・・・フッ、きこえねえな  orz

そんな甥っ子の、今年のお正月期間のマイブーム?は
美川憲一歌う「さそり座の女」の1フレーズだったようだ。
気が向けば
「そぉよ わったっしっは さそりざのおんなぁ~~~」
の部分だけを、ひたすら (しかも情感たっぷりに) 口ずさんでいて、
かなり面白かった。本人は牡牛座の男のくせに。
さらに母から聞いた話、家族でカラオケに行った時に
甥っ子が歌う十八番?は「残酷な天使のテーゼ」なんだとか。
甥っ子父が車での移動中にカーステでかけてたのを
聞いていて覚えたらしい。どんな6歳児ですか。

弟んちも色々と大変続きなんだけど、
甥っ子には、のびのびと育ってもらいたい。
あんまり空気を読み過ぎる子にならなくていいからね。


★祖母のこと

脳梗塞で寝たきりになって以来、長らく老健でリハビリを続ける身の
祖母だったが、去年のお盆明け頃に容態悪化して一時病院へ入院、
秋から再び老健に戻って現在もリハビリを続けている。
私が昨年のお盆帰省中に老健通いしていた時は、比較的安定
している様子に見えていたから、その後あまり日も経たないうちに
母から電話で祖母の入院の知らせを聞いた時は吃驚した。
病院での検査の結果、お腹の辺りに腫瘍が出来ているという。
悪性であっても、今の祖母には開腹手術に耐えられる体力はないし、
高齢ゆえに進行も遅いだろうということで、何もせず自然にまかせる事に
なったという。倒れた当初に比べ、すっかり表情が乏しくなった祖母の
気持ちを読み取ることは困難になってしまったが、
少しでも苦痛を感じずにいてくれている事を願うばかりである。
…………苦しくないわけないんだけども。
世の中にはもっと大変な境遇の人々が大勢いると思うけれど、
4年もの間 (もうそんなになるのか!) ほぼ毎日祖母の介護に通い、
他の親戚に代わって施設転院の手続きなどを行っている母にも脱帽だ。

生きている限り、誰にも等しく、老いはやってくる。
親の老後も自分達の老後も、自分はちゃんと出来るんだろうか…
時にそんな漠然とした不安に襲われる昨今である。


暗いまんま締めくくってしまうのもアレなので、少しフォローをば。
今回の年末年始帰省は、楽しいこともたくさんあったのさ!!
ちょっと長めに休めた分、大阪の海のそばの舞踏会(わかる人だけわかって下さひ)
にも行けたしねっ。( >∀<)b-☆
私は多分、老後もオタクやめないよ!!笑

画像
のぞみちゃんの窓から見た景色。新幹線はほんとに便利だ。

この記事へのコメント

rikans
2009年01月31日 12:51
祖母の検査を病院で久々にやってみたら、腫瘍は大きくなってなくて転移もなかったよ、と母からメールあり。
この先どうなるかはわからないけど、
ひとまずほっとしました。

ぽちっと気持ち玉(これまでのログに頂いた分も全部含めて!)ありがとうございます!!
応援して下さる皆様にとっても、
毎日が元気で幸せな日々でありますように。

この記事へのトラックバック