キラキラ寒いマンモ検査

(タイトル↑が意味不明ですが気にしないでね)
うちの近辺に、毎年クリスマス近い時期になると
周囲から物凄く浮いたプチ・ルミナリエ状態と化して
道行く人の目を楽しませてくれる一角がある。
民家じゃなく会社ビルの1階部分なんだけど
これを見るたび、今年ももうそんな時期かー…と思う。

画像

画像
キラキラは良いものだ。

キラキラと言えば、先日仕事の打ち合わせで行った原宿も
別な意味でキラキラピンクでガーリーな世界だった。
(何を言ってるんだ自分)
打ち合わせの後、会社に戻る前に竹下通りに寄って
ドールハウスみたいな内装のアイスクリーム屋さんで
同行の社長からアイスをごちそうになった。が、
最初の注文システムに戸惑い、おばはん丸出しだった自分。…
でもアイスは美味しかったよ。

画像

恐らく自分一人では決して足を踏み入れられないと思われる
ナウなヤングっぽい雰囲気のお店だったので、新鮮でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

しかし急に寒くなったな…まだ11月よ?
たしか夏頃に「今年は冷夏だから、冬は暖冬になるだろう」って話を
聞いた気がするけど (なんでそうなるのか仕組みは全くわからない)
どこが暖冬よ…エアコンつけたばかりか、毛布まで出してもうたわ…
ああもう早く夏が来ないかな…!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

話変わって
アメリカでの、乳がんマンモ定期検診に関する
何だかよくわからないニュースを見つけた。
言うこと180度ひっくり返ってますやん。あまり民衆を振り回すなよ。

このニュースのコメント欄にもちらほら見かけたけど
…マンモ検査って、そんなに死ぬほど苦痛かなぁ?
もちろん個人差はあるだろうけどもさ。少なくとも、不運にも
ガンになった場合の苦痛に比べれば屁でもないはず。
私が3年前に初めてマンモ検査を受けた時、それまでに
ネットの情報でも友人の話でも散々恐ろしい激痛体験談を
聞かされてたから、それはもうビビリながら、
まな板の上の鯉の心境で覚悟決めて受けましたよ。
しかし結果は幸いにして、拍子抜けする程度の痛さ。
多少痛くても、すぐに終わる。んもー脅かさないでちょうだいっ
(あれだったら、お尻に注射されたり、
タンスの角に足の小指ぶつけた時の方がよっぽど痛い。)
で、今年9月に別の施設で、人生二度目のマンモ検査を受け、
角度を変えて4ショット撮ったけど、それも大したことなかった。
(ちなみに私は、挟む肉がなくて余計に痛いと噂されてる
ド貧乳の持ち主です。人より痛覚が鈍いという事もありません)
技師さんの腕前によりけりで、
私の場合、2回ともラッキーだっただけなのか…??
まあ全然痛みも被曝もないエコーだけで確実な検査が出来れば
それにこしたことはないんだけどもね。
(レントゲン検査に微量の被曝は付き物だからなあ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック