ポータブルHDD退院

HDDの故障やら不景気の影響やらその他諸々の厄介事で
心沈みがちな日々。
少しは心が浄化されて上向きにならんものかと思い、
一昨日の昼休みに職場近辺の神社へ、久々にお参りに行った。
お参りから戻って間もなく、携帯に着信が…
HDDを修理に出した量販店からだ。ようやく連絡が来たのだ。

HDD内にあるデータの事でメーカーから直接連絡が来るものと
思いながら、この2週間を過ごしていた。が、既に修理は済み、
量販店の修理受付センターに届いているという。
「データは大丈夫だったんでしょうか?」と内心怖々尋ねると
データには触られず、変換ボードの交換を行っただけとのこと。
そうは教えてもらっても、実際に自分のPCに接続して
データの無事を確認するまではどうにも不安なチキンrikans。
引き取ってきた本品を、ドキドキしながら繋いでみた。

……マウントされた。
ほぼ2週間ぶりに見るアイコンが、懐かしく感じられる。
データは……あった。読めた!! みんな無事だーーー!!!
ヽ(。T∇T)/゚・:*【祝】*:・゚\(T∇T。)ノ

しかも、保証期間内とはいえ店からメーカーへの発送代は
かかるかと思っていたが、一銭も請求されなかった。

神様仏様ありがとうございますっ!!
(お参りから戻ってすぐに連絡受信、というタイミングが何とも!)
ロジテックさん、ヨドバシさん、ありがとう!!!!
「どこが耐衝撃ボディやねん」とか
八つ当たりくさいこと言ってごめんね!!!! (TдT)
これからは、取扱いに細心の注意を払います。
バックアップもマメに取ります。
(昨日早速、とりあえずPC本体にデータをコピーしました)
ご心配下さった方、大変お騒がせしました。
ありがとうございました…!m(__)m

今年一番のどん底と、奇跡の喜びをいっぺんに味わったような
長~~い2週間だった。
まだ2010年は始まったばかり。どうかこの先、
大事なデータを失うかもしれない恐怖以上の災厄に
見舞われることがありませんように。


それにしても、長年パソコン使ってるくせに知らないことだらけだ。
変換ボードとやらを交換することで、HDDの修理が出来るんだなあ。
実はこの故障前も、ディスク取り出しに異様に時間のかかる不具合が
頻発していた。今回の変換ボード交換で、怪我の功名よろしく
そこもついでに直ってたらいいな…と少し期待している。
(うちのレパードとの相性問題かもしれんけどね…
職場のパンサーではそんな不具合、一度も起こらなかったからなあ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック