1/23(月)~1/27(金)まで留守にします。

人生初の手術入院してきます。
(記憶のない赤子時代にしたという手術入院はカウントせず笑)
手術日は24日です。
最短5日で退院の予定ですが、場合によっては
28日以降まで長引く?かもしれません。
退院出来ましたら、またお知らせします。
よろしくお願いします。

それはさておき、
年末年始に旅行した台湾と
関西帰省中に観光した京都(太秦映画村)&奈良の写真を
フォト蔵にUPしました。
http://photozou.jp/photo/album/2327743

加工も何もしてない撮りっぱなし写真なうえ
(たまたま大きく写りこんでしまった
よその方の顔にモザイクかけたぐらい…)
タイトルもキャプションも超てきとーですが;
気が向いたらどうぞ見てって下さい。
数が膨大なのでぼちぼちと(笑)
映画村写真に至っては、時代劇パロ・遊郭パロの
資料写真にしたい目的見え見えでry
こんな撮りっぱなし写真でも、スライドショーで見ると
オーバーラップで画像が移り変わるだけで
なんか良い雰囲気に見える不思議。笑
(URLをお知らせしたお友達に教えてもらいました^^)

この記事へのコメント

rikans@管理
2012年01月25日 12:29
手術は昨日無事に済みました。手術した側の胸の下にドレーンが繋がってる以外、全部の管が今朝抜かれて半死人状態から復活(^O^)/病棟内をスタスタ歩いてます。
病理検査の結果がどうなるかだけど、ぼちぼちリハビリ進めて退院出来たらいいな。
霊験あらたかな御守りを下さったnさん・kちゃん、素敵な入院お役立ちアイテムを下さったsさん、ありがとうございました!
rikans@管理
2012年01月25日 14:43
補足訂正。
退院は29日(日曜)になりました。
rikans@管理
2012年01月30日 09:56
というわけで昨日退院しました。
1週間の人生初入院生活は、手術当日の地獄の一夜を除き(笑)
拍子抜けするほどに快適でした。
外で大雪が降る寒さの日も院内は暑いぐらいに温かくて三食掃除付きでゴハン美味しくてお風呂場広くて(術後は湯舟に浸かれなくなりましたが;)
そんな温室培養状態からポイっと出され、改めて外界の苛酷さを感じてます…家も外も寒っっっ!!笑
今後は外来で療養しながら、ぼちぼち体を元通りにしていきたいです(ドレーンは結局、まだ外せる状態じゃないので胸からぶらさげたままお持ち帰りになりました。なんだか見た目がサイバーなことに…早く抜いてほしい~;)
留守中もサイトにご訪問下さった皆様、web拍手下さった皆様、
ありがとうございました。

ゆい奈
2012年03月02日 16:51
入院は私も、今年の春に感染症で3週間しましたが、後3日遅れていたら死んでいたという、際どい状況でした。

なにはともあれ、退院おめでとうございます!

http://w.livedoor.jp/harmony-gold_japan/
rikans@管理
2012年03月03日 15:53
>ゆい奈様
初めまして、コメントありがとうございます!
そしてツイッターでもフォローありがとうございました。(このごろ日常ツイート以外は殆ど釣りキチ三平のことしか呟いてない状況ですが;もし合わなければフォローはずしてやって下さいませ…どうぞよろしくお願いします)

命が助かられて本当に良かったですね。3週間に及ぶ入院治療、お疲れ様でした。
私はごく初期の乳がんを患いましたが、幸い手術で全部取り切れたため術後の化学療法なども免れ、すっかり日常生活に戻れています。早期発見出来たことで、日頃の健康診断の大切さを噛み締めています。

URLのページを拝見しました。マクロス好きだったため、ロボテックは一時期関連サイトを見回りまくっておりました。懐かしいです。
rikans@管理
2012年03月05日 09:37
>ゆい奈様
「初めまして」とご挨拶してしまいましたが
もしかして以前、拙サイトと相互リンクして頂いた
優衣様と同じ方でしょうか?
ロボテックのサイトを見て思い出しました。
そうだとしたら大変失礼しました、
ご無沙汰しておりました…!
(違う方でしたらごめんなさい)
はじめまして
2012年03月11日 18:34
はじまして 「乳腺嚢胞」と人間ドックで診断を受けびっくりしてネット検索をしていたところこちらを拝見いたしました 手術が無事に終わられたとのことで本当によかったです 私も「経過観察」といわれていますが…色々気になります… とにかくお大事にしてくださいね(いきなりコメント失礼しました)
rikans@管理
2012年03月11日 19:39
>はじめまして様
コメントありがとうございます。
私も数年前に乳腺嚢胞と診断されましたが(その時の記事がヒットしたのですね)それはいつのまにか消えたようで、しばらく無事に年月が過ぎました。
一昨年の秋の集団検診で石灰化なるものが見つかって経過観察を経たのち、去年12月に行った針生検で「非浸潤性乳管癌」と判明しました。癌が乳管内にとどまっている、しこりが見つからないタイプの癌でした。よく見つけて貰えたと感謝しています。
「経過観察」と言われると不安で落ち着かないと思います…でもある意味安心です。マメに診てもらえば、万一癌が見つかったとしても手遅れになることはまずないですし、早期発見出来れば治療期間も短く、体への負担も少なく、医療費もかさまずに済みます(^^)
ストレスが一番良くないので、どうかなるべく気楽にお過ごし下さいね。この先もご無事であることをお祈り致します。
お見舞いのお言葉、ありがとうございました。
はじまして
2012年03月11日 21:25
ストレス無い生活を心がけます 「マメに経過観察」してるほうが手遅れにならない……という思考転換のアイデア、その通りだと思います ありがとうございます!

この記事へのトラックバック