異説?泣いた赤鬼

以前、カズ山から「『泣いた赤鬼』ってどんな話だった?」と聞かれ、私は遥か幼い昔に読んだ絵本の内容を思い出し、そのあらすじを答えたところ、どうやらそれは世間一般に流通している「泣いた赤鬼」とは大幅に違うという事実を、ウン十年を経た今初めて知った。それまでは、自分の知っている絵本のお話こそが、ポピュラーな「泣いた赤鬼」のストーリーだと何の疑いもなく信じ込んでいたのだった。
その事については、カズ山氏のサイトの日記 (2006/04/19のログ) に記されている。
衝撃の事実に驚きはしたものの、「同じタイトルでも色んなバージョンが存在するのかな?」とか(手塚漫画かい)、「同名別話が存在するんだろか?」ぐらいにしか思っていなかったのだが、カズ山の日記を読んだ人々から「rikansの勘違い」「捏造ネタ」を疑われているらしい事を後日になって知り、さらにショックを受けた。
確かに、幼い子供は“そうなってほしい”という自分の願望と現実をごっちゃにして、それを事実だと認識・記憶してしまう事がある、という話をよく聞く。
だが、ここで断じて主張したい。私の知っている「泣いた赤鬼」は、決して願望と現実をごっちゃにしたものでも、夢を見ていたわけでも、勘違いでも捏造でもないと。素朴な挿絵の雰囲気まで覚えている。
しかしそれを証明したくても、今となっては何ひとつ証拠がつかめない。ネットで検索しても、ヒットするのは世間一般に知られている方の「泣いた赤鬼」に関する情報ばかり。作者名を覚えていれば…と思うのだが (大幅に内容が違うのであれば、濱田広介氏ではなくて別の作者かも?) なにぶん当時は幼稚園児ゆえ、絵本の作者が誰かまでは意識していなかった。タイトルを勘違いしている可能性も考え、「あかおにのなみだ」等々、キーワードを色々変えて調べてもみたのだが、やはり何の手がかりも得られない。
せめて、現物の絵本さえ手元に保管していれば・・・!
まさかウン十年後に、その絵本の事で悩むことになろうとは、
当時は露ほども予想していなかった。そりゃそうだ。

ちなみに、私が記憶している「泣いた赤鬼」のストーリーは以下の通りである。記憶が曖昧な部分は極力省き、比較的明確に覚えている個所だけを抜き出して(一字一句覚えているわけではないから、自分の言葉に書き換えてはいるが)まとめてみた。
通っていた幼稚園で毎月配られていた、「ひかりのくに」という出版社の絵本のうちの1冊だった。

******************************************

昔々、とある村はずれの粗末な一軒家に、1匹の赤鬼がひっそり住んでいた。
村人は皆、鬼を恐れてこの小屋に寄りつかなかったが、
赤鬼は内気でおとなしく、心優しい鬼だった。
道端で突然雨に降られて困っていた村人に「これ持っていきな」と傘を貸してあげた事もあった。「鬼は恐ろしいもの」と思い込んでいたその村人は、思いも寄らぬ赤鬼の親切に驚いたという。

ある時、赤鬼の故郷である?地獄から、赤鬼より偉い立場と思われる?青鬼が、閻魔大王の使いで赤鬼の元にやってきた。(小柄で優しげな顔の赤鬼に比べ、その青鬼は、体が大きく恐ろしい形相をした「鬼」らしい外見の鬼だった。)
青鬼曰く「鬼のくせに人間と仲良くするとはけしからん。次の満月の夜までに人間を1人食うこと。さもなければお前は死ぬ。…との、閻魔様の仰せである」
そう告げて、青鬼は帰って行った。さあ困った赤鬼…。

それから程なくして、赤鬼の家に、年老いた旅人が1人訪ねてきた。
赤鬼の姿に老人はぎょっとしたが、赤鬼が意外に優しい目をしていたため、老人は安心して
「旅の途中で足を悪くしてしまい、困っています。癒えるまでの間、しばらく泊めて下さらんか?」と頼んだ。(※このへん多少、記憶違いがあるかもしれません)
赤鬼は承知した。
内心「人間を食べたくはないが、自分が死ぬのはまっぴらだ。この年寄りを油断させて、食うことにしよう」と考えたのだった。
数日たち、老人と赤鬼は打ち解けていった。赤鬼は孫のように老人に尽くし、老人の足も日に日に癒えていった。
そうこうしているうちにも、満月の夜は迫ってくる。
最初のうちは「なあに、まだ間はある。じいさんを食うチャンスはいくらでもある」とタカをくくっていた赤鬼だったが、(当然ながら) 老人を食べることがなかなか出来ない。
赤鬼は夜な夜な、日ごとに丸くなってゆく月に、泣きながらすがるようになる。
「お月さま、私はあの優しいおじいさんを食べることなど出来ません。でも死ぬのは怖いです。助けて下さい…」そして人間を食べることが出来ないまま、赤鬼は次第に弱ってゆき、臥せってしまう。懸命に赤鬼を看病する老人。
ついに、満月の夜はやってきた。瀕死の赤鬼は、月に向かって言った。
「お月さま、私をあなたの所へ連れて行って下さい。死ぬのはもう怖くありません。おじいさんを食べずに済んで良かったと思っています…」静かにこときれる赤鬼。老人は号泣した。

明くる朝、老人は赤鬼を弔うために、泣く泣くお墓を堀りに行った。
そして小屋に戻ってみると…
なぜか消えていた赤鬼の亡き骸の代わりに、1人の見知らぬ若者が微笑んでいた。
きょとんとする老人。「…はて、どなたじゃな?」
「おじいさん、私はあの赤鬼です。お月さまが、私を人間として蘇らせてくれたのです」


その日の午後、1人の若者が、老人を背負って人里へおりてゆく姿があった。
二人はとても幸せそうだった。

******************************************

以上、大体そういう内容だったと記憶している。
(4歳児心に「ええ話やなあ」と感動したから覚えている)
偶然ながら、お月見の時期にふさわしい話だなあとも思う。

しかし、晴れて人間の姿になったからこそ人里へおりていったのか…
異形の姿のままでは、いくら心優しくても人々に受け入れてもらえないから?
いやそんなことはない・・・と思いたい。
きっとこの赤鬼は、内気で優しいゆえに、人里に出て傷つくのが怖かったのだ。
…と、自分を納得させたところで。

このバージョンの「泣いた赤鬼」について、心当たりのある方へ。
どうか人助けと思し召して(TT) 情報を頂けるとありがたいです;
何卒よろしくお願い致します。

だって・・・・誰も信じてくれないんだもん;;
(大体私は、こんな話を捏造出来るほど創造力豊かじゃないすよ・爆)

"異説?泣いた赤鬼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント